初舞台を通して強くなった、「芝居がしたい」気持ち

ここからは百名さんご自身のお話を聞かせてください。今は舞台をメインに活躍されていますが、芝居にはもともと興味があったのでしょうか?
芝居は好きでしたね。小さい頃はコメディドラマが好きでよく見ていて、セリフをマネしたりしていました。それからはじめて舞台に立って…役での会話を通して、「芝居でお客さんに何かを伝えることができるってこんなに面白いんだ」と感じたんです。
昨年7月に出演したミュージカル「ボクが死んだ日はハレ」の経験を通して、より芝居に興味を持った、と?
はい。「芝居をやりたい」っていう思いが増しました。はじめての経験だったのでくやしいこともたくさんありましたが、すごく楽しく芝居ができたなと思っています。舞台に出るようになって、いろんな観劇の機会が増えるようにもなりました。
ブログに「オーディションやレッスンを受けまくっている」時期があったと書かれていたのが印象的でした。
あ…はい。芝居をやりたい思いが強くて焦ってもいたので…とにかくたくさんのオーディションを受けまくっていたんです。
焦っていた…?
早くお客さんの前に立って芝居をやりたい…と。レッスンでも、とにかくたくさんのことを吸収したい思いが強くて。
7月の舞台をきっかけに、今はさまざまな作品に出演されています。当初の焦りも少なくなりましたか?
多少は…ですね。そのぶん、今はどうやって役を自分に取り込んで表現したらいいかなど、新たな焦りがいっぱい出てきています。でも、もっとできるはずなので、とにかく頑張るしかないです。

作品ごとに、新たな“百名ヒロキ”を見つけている

今回の舞台「GANTZ:L」は、百名さんにとって4作目の舞台出演。これまで4作に参加して、舞台の魅力はどんなところだと感じますか?
僕らは生でお客さんにパワーを伝えられて、お客さんも生でエネルギーを感じてもらえる…そこが素敵なところだと思います。それに、作品ごとに求められる役が違うので、自分でも毎回新しい“百名ヒロキ”を見つけられるというか。
作品ごとの稽古で刺激を受けることも多そうですね。
役のことを考えていると、普段の生活でも考え方が変わってくることがあるんです。自分の人生のなかに新しく見えてくるものもあって。いろんな役を演じさせていただけるのは、すごくありがたいことだなと思います。
芝居をやっていて「楽しい!」と思う瞬間は?
やっぱり、会話の芝居を通して…相手の役者さんの芝居を受けて、自然と心が動かされると感動します。必ずしも毎回できることではないので、そういうのを感じる瞬間はすごく好き。正解がない、というのが一番アツくなりますね。僕も誰かの心を動かすような芝居がしたいです。
舞台「GANTZ:L」が百名さんにとって2018年の出演舞台1作目ということもありますし、今年の目標を教えてください。
まずは、舞台「GANTZ:L」でいいスタートを切れるように頑張ります。今年に限らず、作品ごとに成長している姿を見せたいというのが目標なので、舞台「GANTZ:L」で名前を覚えてもらって、いつかまた僕の芝居を見たときに「お、成長している」と思わせたいです。
では、「今後こんな作品に出演してみたい」など、ご自身のなかでの展望はありますか?
舞台をはじめ、ドラマ、映画などの映像作品も…いろんなジャンルに挑戦したいです。今はとにかく芝居がしたいという気持ちなんです。

休みの日は、山や海へ出かけてエネルギーをチャージ

今は、2月7日から出演するミュージカル『マタ・ハリ』の稽古も並行して行われているんですよね。とてもお忙しい日々を送られていると思います。
プレッシャーはありますが、毎日が楽しいです。大変だとは思わないようにしています。周りからは「明日は通し稽古だけど大丈夫?」って心配されることもありますが(笑)、そこは家に帰って復習を繰り返すしかない。本番に向けて頑張っています。
ブログを拝見すると、お仕事の合間に観劇もたくさんされていますが、最近見た作品で印象に残っているものはありますか?
昨年の夏に見た、藤原竜也さん主演の『プレイヤー』という舞台がすごく印象に残っていますね。パイプ椅子だけのシンプルな舞台セットのなか、芝居から伝わるエネルギーが本当にスゴくて。満席で僕は立ち見だったのですが、たくさんの人がいる緊張感のなかで、とてつもないエネルギーを感じました。
なかなかお休みも取れないなか、オフの日はどんなことをしていることが多いですか?
仕事柄、室内にいることが多いので、休みがあったら山や海に行って自然を感じます。
アクティブですね!
自然からもらうエネルギーってスゴいんですよ。そこで気持ちを切り替えて、次の仕事に臨みますね。
お休みの日にリフレッシュして、気持ちを切り替えるのは大事ですよね。
はい。でもなかなか行けないので…最近は、お風呂の時間にゆっくり湯船に浸かってリフレッシュしています。これまで湯船に浸かるタイプではなかったんですけど、疲れがすごく取れるんだとやっと気づいて(笑)。お風呂で頭をからっぽにする“無”の時間が気持ちいいんですよね。
百名ヒロキ(ひゃくな・ひろき)
1994年1月4日生まれ。沖縄県出身。O型。2017年7月から上演されたMusical「ボクが死んだ日はハレ」で初舞台を踏む。これまでに、戦国シェイクスピア『マクベス』、『終わらない世界』などに参加し、舞台「GANTZ:L ACT&ACTION STAGE」で初主演を務める。10月からはミュージカル『タイタニック』の出演を控える。

出演作品

舞台「GANTZ:L ACT&ACTION STAGE」
2018年1月26日(金)〜2月4日(日)@天王洲 銀河劇場
チケット一般発売中!
原作:奥 浩哉「GANTZ」(集英社刊)
演出・脚本:鈴木勝秀
アクション:清水順二(30-DELUX)
<出演>
百名ヒロキ、高橋健介、浅川梨奈、佐藤永典/村瀬文宣(30-DELUX)、影山達也、大原海輝/藤田 玲/久保田悠来 ほか
©奥浩哉/集英社・「GANTZ:L」製作委員会

サイン入りポラプレゼント

今回インタビューをさせていただいた、百名ヒロキさんのサイン入りポラを抽選で3名様にプレゼント。ご希望の方は、下記の項目をご確認いただいたうえ、奮ってご応募ください。

応募方法
ライブドアニュースのTwitterアカウント(@livedoornews)をフォロー&以下のツイートをRT
受付期間
2018年1月25日(木)12:00〜1月31日(水)12:00
当選者確定フロー
  • 当選者発表日/2月1日(木)
  • 当選者発表方法/応募受付終了後、厳正なる抽選を行い、個人情報の安全な受け渡しのため、運営スタッフから個別にご連絡をさせていただく形で発表とさせていただきます。
  • 当選者発表後の流れ/当選者様にはライブドアニュース運営スタッフから2月1日(木)中に、ダイレクトメッセージでご連絡させていただき2月4日(日)までに当選者様からのお返事が確認できない場合は、当選の権利を無効とさせていただきます。
キャンペーン規約
  • 複数回応募されても当選確率は上がりません。
  • 賞品発送先は日本国内のみです。
  • 応募にかかる通信料・通話料などはお客様のご負担となります。
  • 応募内容、方法に虚偽の記載がある場合や、当方が不正と判断した場合、応募資格を取り消します。
  • 当選結果に関してのお問い合わせにはお答えすることができません。
  • 賞品の指定はできません。
  • 賞品の不具合・破損に関する責任は一切負いかねます。
  • 本キャンペーン当選賞品を、インターネットオークションなどで第三者に転売・譲渡することは禁止しております。
  • 個人情報の利用に関しましてはこちらをご覧ください。