ウォズニアッキ、準決勝進出で世界ランク1位返り咲きが射程内に[全豪オープン]

写真拡大

「全豪オープン」でカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)がカルラ・スアレス ナバロ(スペイン)を 6-0、 6(3)-7 、6-2で下し、準決勝に進出した。

第2シードのウォズニアッキは試合開始からの7ゲームを手にしたものの、第2セットでは4-2からゲームを落とし、巻き返しを見せる展開となった。スアレス ナバロは第10ゲームでマッチポイントを凌いだ後、タイブレークをものにした。

最終セットは4-2でリードする展開で、第7ゲームもブレーク。2時間11分の試合をサービスブレークで勝利した。

シングルスで自身初となるグランドスラムのタイトルを獲得すれば、世界ランク1位に返り咲くことができるウォズニアッキ。準決勝では、火曜日にエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)をストレートで下したエリース・メルテンス(ベルギー)と対戦する。

(C)AP(テニスデイリー編集部)

※写真は準決勝進出を決めたカロライン・ウォズニアッキ
(Photo by Michael Dodge/Getty Images)