復帰戦で敗れた錦織圭「良いステップにはなった」[ATPチャレンジャーニューポートビーチ]

写真拡大

右手首故障からの復帰戦に「ATPチャレンジャーニューポートビーチ」(2018年1月22日〜28日/アメリカ・ニューポートビーチ/屋外ハードコート)を選んだ錦織圭(日本/日清食品)が、1回戦でデニス・ノビコフ(アメリカ)と対戦。錦織は3-6、6-3、4-6で1回戦敗退し、復帰戦を勝利で飾ることはできなかった。

試合後のインタビューで錦織は「1試合目なので想像はしていましたけど、やっぱり難しかったですね。なかなかラリーを続けるのも簡単ではなかったですし、やっぱりまだ自信がない分自分から打っていけなかったり。最近手首がよくなってきていたので、もうちょっと思いっきり打っていけるには時間はかかるかなと思いますけど」と話した。

ただ「試合はかなり集中してたのでほぼ痛みがなくできたので、だいぶ良いサインだったと思います。」「(練習で試合するのと)緊張感も違ってくるので、こういう試合をチャレンジャーでもこなせたというのは良いステップにはなったと思います。」と今後に向けて前向きに語った。

錦織は、1月29日から開幕するATPツアー下部大会の「ATPチャレンジャーダラス」(2018年1月29日〜2月3日/アメリカ・ダラス/屋内ハードコート)にも参加を表明しており、この大会での復帰後初勝利が期待される。

(テニスデイリー編集部)

※写真は復帰戦で敗れた錦織圭
(Photo by Jeff Gross/Getty Images)