外交部(資料写真)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の当局者は24日、記者団に対し、米国のトランプ政権は北朝鮮と対話する準備ができているとし、「北にとって今が(米朝対話に乗り出す)ベストタイミングだ」と述べた。

 当局者は「ティラーソン米国務長官は一定期間の挑発自制で対話が可能だとの趣旨の発言をし、最近になってトランプ大統領も加勢した」と説明。「時間がたてばたつほど反対も起こり得るし、トランプ大統領が心変わりするかもしれない」と述べ、北朝鮮は今のタイミングで米国との対話に乗り出すべきだと重ねて指摘した。

 米朝対話の形式については、「韓国の参加が保障されるべき」としながらも、「米朝が先に(交渉の場に)つくことに反対しない。(韓国が加わった対話が)後に続くと考えている」と述べた。

 北朝鮮の非核化に向けた方策としては、対話のプロセスでインセンティブをどう与えるかが重要だとし、アメとムチで核開発の凍結を超え非核化まで引っ張っていくべきだとの見解を示した。

 一方、北朝鮮の平昌冬季五輪参加に際して韓国が国連安全保障理事会の北朝鮮制裁に違反する可能性については、「制裁を順守するという政府の原則は揺るがない」と述べた。仮にやむを得ず支援が必要と思われる場合は、関係国や国際オリンピック委員会(IOC)、安保理の北朝鮮制裁委員会と協議して是非を見極めれば済むとした。