孤独の時間を謳歌する人が増えている近年ですが、「寂しい」という感情は不意打ちで突然襲い掛かってくるものです。一人では対処しづらい「寂しさ」は、何か行動を起こさない限りは対処しきれません。この記事では、急に感じた寂しさを紛らわすための方法をいくつかご紹介します。

テレビやラジオで人の声を聞く

孤独を感じているとき、人の声を聞くといくらか寂しさが紛れます。寂しいと感じたらテレビやラジオをつけて、人の声を聞いてみましょう。番組の内容によっては、自分とは全く違う他の人の考えに触れて、考えさせられているうちに孤独が消えていることもあります。ドラマなどが放送されていれば、物語に集中して孤独を忘れられることだってあるのです。一人では寂しいけれど誰にも頼りたくはない…という人におすすめの方法ですね。

誰かに連絡を取ってみる

寂しさを紛らわす直接的な方法が、誰かに連絡を取ることです。できれば気を使わないような気心の知れた関係の人が良いですね。また、思い切って最近全然連絡を取っていなかった人に連絡を取るのもおすすめです。もしも友人に連絡を取りづらいのであれば、家族に連絡を取ってみてください。家族ならあなたの長所も短所もよく知っているはずですから、お互いに気を使わないで会話できますよ。

カフェや喫茶店に行ってみる

休日に家で孤独を持て余しているようなら、外出してカフェや喫茶店に行ってみましょう。ショッピングに行くと家族連れやカップルの客層ばかりで、逆に孤独感を増長させられるかもしれません。ですがカフェや喫茶店に入ると、一人客の人がちらほらと見受けられます。一人でのんびりコーヒーをすすっている人や、読書を楽しむ人、PC作業に没頭している人など…。実際に一人で過ごす人を目の前にすれば、自分の孤独をすんなり受け入れられるようになりますよ。カフェや喫茶店に一人で行くなら、本を持って行って読書を楽しむのもおすすめです。

何かの作業に没頭してみる

何かできる趣味や仕事があるのなら、それに没頭して寂しさを紛らわせてみましょう。社会人になると趣味に費やす時間も少なくなりますから、孤独を感じている時間を利用して趣味に充ててみてください。もしこれと言った趣味がなければ、映画や読書、ゲームなどを気になるものから手をつけてみませんか?何か没頭できる趣味ができれば、達成感や昂揚感から寂しさが薄れていきます。また、家でできるような仕事がある場合はそちらに没頭するのも良いです。仕事をするとお金になりますし、ハッキリと達成感を得られて孤独な時間を有意義なものに変えられます。


writer:さじや