イングランド女子代表監督就任のフィリップ・ネビルがツイッターアカウントを削除

写真拡大

▽かつてマンチェスター・ユナイテッドやエバートンで活躍したフィリップ・ネビル氏が、自身のツイッターアカウントを削除した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

▽2013年に現役を退いたP・ネビル氏は、デイビッド・モイーズ監督の下でユナイテッドのコーチに就任。その後、バレンシアでアシスタントコーチを務めると、同年には兄のギャリー・ネビル氏が監督に就任し兄弟タッグが実現。しかし、ギャリー監督体制は長続きせずにすぐにタッグ解消となった。

▽P・ネビル氏は、23日にイングランド女子代表監督に就任することが発表され、2021年のUEFA女子選手権出場を目指すとのことだ。それを機に、自身のツイッターアカウントを消したものと見られている。

▽『スカイ・スポーツ』によると、2012年1月にP・ネビル氏は性別の差に関するツイートを行っていたとのこと。「女性は朝食の準備、子供の準備、ベッドメイキングに忙しいものだと考えている。女性が気の毒だ」というものだった。

▽イングランド女子代表は、2017年9月にマーク・サンプソン監督がブリストル・シティのアカデミー監督時代に起こした「不適切かつ容認出来ない行動」が原因として解雇されて以降、監督が不在だった。