niconico、ユーザー生放送で「720p・HD配信」を枠数限定で提供開始。「HTML5版」へ完全移行、「軽量モード」機能も追加

写真拡大 (全2枚)

ドワンゴが運営する動画サービス「niconico」において、2018年1月23日(火)より、ユーザー向け生放送配信サービス「ユーザー生放送」でのHD配信機能を枠数限定で提供開始したほか、配信プレーヤーの「HTML5版」への完全移行および「軽量モード」機能が追加された。

「ユーザー生放送」はこれまで実質450pまでが配信可能画質だったが、今回、初の「HD配信」となる720pまで対応する。1月23日より100枠の同時配信数に限定して提供を開始するが、今後も順次提供枠数を増やしていく予定だ。

また、「Adobe Flash Player」の2020年サポート終了を受け、昨年3月より順次「FLASH版」から「HTML5版」プレーヤーの導入を進めてきたが、このたび「HTML5版」へ完全移行したとのこと。そして、移行中にいただいたユーザーの意見をもとに、視聴時の負荷を軽減する「軽量モード」機能を追加。これにより、画質を落とさず生放送を楽しむことができるようになった。

■720p・HD配信(枠数限定)概要
【提供開始日】1月23日(火)
【同時配信数】 100枠 
※PCからの配信のみ。枠数は順次増加予定。
【配信条件】 ・ビットレート:映像・音声を合わせて最大6000kbps
       ・映像解像度:1280×720(最大)
       ・映像フレームレート:最大30fps
       ・音声チャンネル数:最大2ch(ステレオ)

■ユーザー生放送「HTML5版」概要
【提供開始日】1月23日(火)
※同日よりFLASH版の提供は終了する。
※「動画紹介」カテゴリタグを配信の際に選択した番組は、例外的に旧配信Flashプレーヤーとなる。
【追加機能】 軽量モード
※設定画面「パフォーマンス」項目で切り替えが可能。利用時、画質は落ちないが、コメントの「フレームレート」「解像度」が下がる。

■niconico

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

niconicoに関連した記事を読む
・ニコ生で真紅のトゲを持つレア深海生物「ハリイバラガニ」を54時間観察生中継実施
・「ニコニコ超会議2018」の各種入場券を1月20日より販売開始
・ゲームの祭典「闘会議2018」、「スプラトゥーン2」「UNDERTALE」などゲーム音楽ステージの追加情報を一挙公開
・歌広場淳が凰稀かなめ、伶美うららと初共演する朗読劇「愛にまつわる、いくつかの・・・」開幕直前特番を放送
・総勢13人の豪華作家陣が一同に集結!「角川新春麻雀大会2018」をニコ生で中継