BoCo株式会社は、1月24日、骨伝導イヤホンで音楽をより自由に、より豊かな音質で楽しむことができる小型ヘッドホンアンプ「WBA-1」を発売すると発表した。現在は、「BoCo」の 直営ストア で先行提供中。今後、全国販売店への展開も予定しているとのことだ。

骨伝導イヤホンシリーズ「earsopen®」で耳をふさがない新しいリスニングスタイルを提案するBoCo株式会社が、骨伝導に最適なイコライジングを実現するポータブルヘッドホンアンプを発表した。骨伝導による音の特徴を徹底的に研究した強力なイコライジング補正によって、より豊かな音質を実現。さらに、騒音環境下でも十分な音量が得られるハイパワーアンプとなっている。

スマートフォンやポータブル音楽プレイヤーとBluetoothで接続(ペアリング)すれば、ワイヤレスでより自由な音楽ライフが可能に。さらに同社の骨伝導イヤホンシリーズearsopen®「WR-3(音楽用有線タイプ)」と接続すると、Bluetooth(無線)接続で、さらなる高音質を楽しむことができる。幅34mm・奥行55mm、重量は約30gと軽量・小型でどこにでも持ち出せるポータブル設計も魅力の商品である。

BoCo株式会社
URL:http://www.boco.co.jp/boco/article/N1516753802636.html
2018/01/24