アラサーの域に入りながらもまだ30代ではないという意地もある、微妙な年齢と言えば27、28、29歳。本日はそんな29歳の誕生日に感じるモヤモヤあるあるを集めてみました。

やたらと「楽しんでね!」と言われるのが面倒くさい

20代最後の年ということもあって、20代にしか出来ないことや30代に入ると出来ないことなどを年上の人たちにうだうだと語られることもしばしば。
「20代最後の年なんだから楽しみなよ!」と言われても、19歳のときにも同じことを言われたものの特別な事をした覚えなんてないので一体「29歳でしか楽しめないこと」が何なのか、よくわからないのです。

夜遊びなんてもともとしない

「30歳になったら夜遊び出来なくなるよ」と言われたことってありませんか? 体力も落ちるし、クラブのような場所は若い子たちが多く居心地が悪くなってしまうと言われるのですが、実際にもともと夜遊びをしない人にとって「20代の体力あるうちに夜遊びしとかないと」と言われても何も響かないのです。

そもそもすでに結構いい年である

「若いうちに出来ることをやっておかないとね」と思うけれど、29歳ってそもそもすでに結構いい年なので、あまりにも奇抜なことは出来ないし、「時すでに遅しだな」と思うこともしばしばあったりするのです。
「若いけれど、若くない」そんな微妙な年齢であることに気付かされ、行動力がなくなってしまうことも。

出来ることが限られていると絶望感を感じる

「20代までにやっておくべきこと」という内容の書籍や記事を読んだ時に「え? もうあと1年じゃ間に合わないよ」と思わされ、絶望感を感じるのです。また著名人の伝記本などをよんだときにも、20代で成し遂げていることが多々あり、「自分はいったい何を成し遂げてきたんだろう」と思わされてしまうことも。

準備って一体何?

「30代に突入する準備をしておかないとね!」なんて言われるけど、「準備って一体なんなの?」と思わされるのです。10代から20代になったときには大人になったことへのワクワクにあふれていたけど、20代から30代になるときってワクワクなんて一つもなし。
散々色んな人から30代に向けてのアドバイスをもらうものの、何一つ役に立つことはなかったりするのです。

将来を約束しているパートナーがいない

10代の頃に考えていた20代後半から30代前半の自分の人生は、将来を約束している恋人がいたり、結婚して家庭を築いていたりしているものだと思っていたものの、現実は恋人いない歴○年といった恋人のいない期間を更新し続けているという事態に若干焦り始めるのです。
なんとか20代のうちにそういった人をみつけなければと恋人探しに本腰を入れようとするも、「1人も楽だしなあ」なんて思いつつ気合いが入らないことも。