モデルさんや女優さんなど、今多くの女性がやっているキックボクシング。実際にはどんな効果があるのでしょうか?「ボクシングなんてハードルが高そう…」と避ける人もいますが、キックボクシングはいたって単純なエクササイズです。この記事では、キックボクシングの効果や難易度について見ていきます。

キックボクシングは全身を動かすエクササイズ

「キック」という名前がついているくらいですから、キックボクシングは足を大きく動かすエクササイズだと勘違いされがちです。ですがキックボクシングは全身運動。足を高く上げて、それを振り下ろしたりどこかにぶつけたり…といった運動には、腰回りやお腹の筋肉も使います。腕にだって力が入りますから、二の腕の筋肉も鍛えることができるのです。そのためキックボクシングを続けていると、足だけではなくて全身をバランスよくシェイプアップさせることができるのです。ダイエットにも運動不足解消にも最適ですね。

心肺機能がアップする効果がある

キックボクシングでは、激しく身体を動かします。たった3分間の運動でも脂肪が燃焼され、たくさんのエネルギーが消費されるのです。そのため心肺がたくさん使われて、しだいに心肺機能が強く鍛えられていきます。心肺機能が強くなると些細な運動でも疲れにくくなり、持久力がアップします。また、血流がよくなって基礎代謝が高くなるというメリットもありますよ。血流の良さは冷え性の緩和にも繋がるポイントです。

ストレスの発散効果がある

エクササイズの一環として、キックボクシングではミットやサンドバッグを思い切りキックします。これが高いストレスの発散効果を持っているのです。普段の生活では、何かを蹴飛ばしたりなんてなかなかできません。キックボクシングは「エクササイズ」という大義名分があります。ですからミットやサンドバッグを自分のストレスに見立てて思いっきり蹴飛ばし、ストレスを発散させることができますよ。ストレスを溜め込むとうつや自律神経失調症を起こしますから、ストレス発散目的としてキックボクシングをしてみるのもおすすめですよ。

キックボクシングは案外簡単

「ボクシング」というだけで難しそうに聞こえますが、実際のプロセスは簡単なものです。ジムに通えばプロが一から指導してくれますし、DVDを見れば自宅でだってチャレンジできます。プロやDVDの指導通り、しっかりフォームを整えながら行えば誰だってキックボクシングはできます。運動不足やストレスの解消に、キックボクシングを取り入れてみてはいかがでしょうか?


writer:さじや