こんな寒い季節には肉まんが食べたくなりますね。でも肉まんといえばカロリーが高くて太りそうなイメージ。他にもあんまん、カレーまん、ピザまんなどいくつか種類がありますが、それぞれどれくらいのカロリーがあるのかは知っておきたいところです。というわけで肉まんのカロリーや糖質量を種類別で比較してみました。

肉まんのカロリーと糖質量を比較

肉まんが売られている各コンビニによって多少のカロリーや糖質量の差が出ますが、あくまで参考例としておおよその値を調べてみましたので見てみましょう。以下は各コンビニで売られている代表的な肉まんのカロリーと糖質量の想定量をピックアップしたものです。

●肉まん  180〜230kcal(カロリー) 30g程度(糖質量)
●あんまん 190〜300kcal(カロリー) 50g程度(糖質量)
●ピザまん 200〜220kcal(カロリー) 30g程度(糖質量)
●カレーまん190〜200kcal(カロリー) 30g程度(糖質量)

どの肉まんが太りやすい?

肉まん各種類のカロリー・糖質量を比較してみると、肉まん、ピザまん、カレーまんには大してカロリーも糖質量も差がないことがわかります。ただひとつだけカロリーと糖質量が高めなものが「あんまん」です。コンビニで売られている「こしあん」のあんまんは比較的カロリーは低い傾向にありますが、粒あんやごまあんを使用したものは、250〜300kcalと比較的高いカロリーとなっていました。糖質量も他の30g程度と比べ50gと、やや高めの傾向にあります。具沢山の肉まんや、チーズ入りカレーまんなど、具がプラスされた肉まんも、あんまんと同等のカロリーや糖質になるので、一概にあんまんが一番太りやすいとはいえませんが参考にしてください。

肉まんって実際カロリー高いの?

肉まんのカロリー180〜230kcalといっても、いまいちイメージできない、それって高いの?と疑問に思う方もいるでしょう。身近な食べ物で参考例を挙げるとなれば、わたしたちが毎日食べているご飯は250kcal程度、フライドチキン・フライドポテトは280〜320kcal程度、といったものがあります。人によって認識の違いはあるかもしれませんが、さほど肉まんはカロリーが高いわけではありません。ご飯の代わりに食べる程度であればさほどオーバーカロリーに心配することもないでしょう。ただし肉まん一つ食べてもお腹がいっぱいにはならないのではないでしょうか?とはいえ1日2つなんて食べすぎです。肉まんやあんまんを食べる時は、前後の食事で炭水化物や糖質を意識的に減らしたり、同等量の野菜も一緒にいただくなどの対策をするのが太りにくい食べ方です。


writer:サプリ編集部