森保一監督が就任し、初の公式戦となるアジアU-23選手権に臨んだU-21日本代表は、準々決勝敗退に終わった。

 最後はウズベキスタンに0-4の大敗を喫する結末となったが、23歳以下のアジア王者を決める大会に21歳以下の選手だけで出場しながら、グループリーグは3戦全勝の首位通過。内容的に見ても、チーム立ち上げから間がなく、わずかな準備期間で臨んだ大会としては、まずまずの戦いぶりだったのではないだろうか。

 実際、森保監督も相応の手ごたえを感じていたようで、グループリーグを終えた時点で次のような話をしている。

「今の段階としては、割と(自分が目指すサッカーを)できてきていると思う。このチームになってまだ2週間ちょっとでこれだけできるというのは、選手たちが日頃から各クラブで訓練されているんだなと感じる。思ったよりも選手たちが表現してくれていると、僕のなかでは思いながら見ている」


わずかな準備期間の中でも守備面ではそれなりの成果を見せた森保ジャパン

 とりわけ短期間で戦術が浸透していたのは、守備面である。ベースとなるフォーメーションの3-4-2-1から、守備時は5-4-1へとシフトするが、後ろに引いて守りを固めるわけではない。高い位置からボールにプレッシャーをかけつつ、サイドで囲い込む、あるいはインターセプトを狙うといった守り方ができていた。

 攻撃面では重心が後ろに下がり、なかなかボールが前に進まず、もどかしさを感じるシーンが目立ったが、現時点では、よくも悪くもこんなものだろう。サンフレッチェ広島時代から森保監督を支えてきた下田崇GKコーチも、「まずは土台があったうえで、そこから選手それぞれの個性をどうチームとして組み合わせていくかにつながる。まずは本当に基礎の基礎のところから始めているんだと思う」と語る。

 森保監督が目指すサッカーにおいて、まず誰の目にも明らかな特徴が前記したフォーメーション、すなわち3-4-2-1である。森保監督が広島を率い、2012年〜2015年の4シーズンで3度のJ1制覇を成し遂げたときに用いた布陣だ。

 J1優勝回数で歴代最多タイの記録を持つ名将は、「これが3-4-3なのか、3-6-1なのか、どう表現するかはともかく、今後、4-4-2や4-2-3-1になったとしても、(今のやり方が)必ず生きてくると思っているので、基本的にはこれをベースにやっていきたい」と語る。

 とはいえ、指揮官がこのチームでも「サンフレッチェのサッカー」を確立しようとしているのかと言うと、必ずしもそうではない。

 森保監督は、「守りだけの守りではなく、きっちりと守ったあとに攻撃に出ていくということを、僕は広島で5年半くらい、基本的にこうやって(この布陣で)やっていたので、ある程度の手応えと、自分のなかに(やれるという)感覚がある」と口にしながらも、こう続けている。

「それをこのチームに落としていきたいし、選手にもやれるようにしてほしいと思うが、それが広島のサッカー(と同じ)なのかと言われたら、それはちょっと……、そうではないかなとは思っている」

 確かに、見た目にもわかりやすい広島との違いもある。それがビルドアップのやり方だ。

 広島のときは、2ボランチのうち1枚が落ち、DFラインを4枚にしてボールを動かした。そして左右のアウトサイドMFを高い位置まで押し出し、4-3-3に近い形を作って、厚みのある攻撃を繰り広げた。

 だが、U―21代表では、ビルドアップのときにボランチがはっきりと落ちることはなく、基本的にDFラインは3枚でボールを回す。2枚のボランチは、いずれも中盤にとどまることが期待されている。

 森保監督のもとで1年半ほどプレーした経験を持つ、広島所属のMF森島司は「(森保監督は)練習から激しさを求めたりするところは変わっていないが、やろうとすることは少し違う」と言い、こう話す。

「広島のときはボランチが(DFラインに)下りて後ろでゆっくり回して、バックパスも結構多く、相手をわざと広げて(から攻める)という感じだったが、今は3枚で回して、2ボランチがあまり下りずにやっているので、前への意識がちょっと強いのかなと思う」

 なぜ、広島時代とはやり方を変えているのだろうか。その答えをひと言で言えば、このチームの最重要コンセプト、「いい守備からいい攻撃につなげる」を実現するため、ということになるのだろう。森保監督が語る。

「よりいい形で守備から攻撃につなぐために、ボランチ1枚ではなく、2枚で関わっていく。攻撃から守備に切り替わったときにも、2枚のほうがよりいいバランスで相手にプレッシャーをかけていけると思うし、相手の攻撃を受ける時間が長くなっても、バランスをあまり崩さずに対応できると思う。ボランチには前線とDFのつなぎ役、右と左のつなぎ役として、攻守にわたってできるだけ中央で関わってもらいたいと思っている」

 広島の3-4-2-1は、攻撃時には4-3-3、極端に言えば4-1-5のような形になり、攻撃に迫力は生まれる一方で、中盤はボランチひとりという危うい状態になりやすかった。

 J1での広島のように、圧倒的にボールを保持して試合を進められるなら、それでもいいだろうが、「世界のよりレベルの高い相手と戦っていくときには、守備をする時間とか、耐える時間が長くなることを想定してやらなければならない」と森保監督。「そう考えたとき、今の形は悪くないと思っている」という指揮官が引き合いに出したのは、一昨年のクラブW杯で決勝に進出した、鹿島アントラーズの戦いぶりである。

「世界のチームと渡り合おうとするとき、鹿島は守備のところで(ピンチを)しのぐことができた。厳しい場面を我慢できるとか、しのげるというのは、日本人のメンタリティのいいところ。それを最後まで続けて、相手の気持ちが切れかけ、相手との差が出たときに試合を決めにいく、というサッカーをできるようにはしておきたい。

 理想は常に主導権を持って進めることだし、そこはもちろんトレーニングのなかでやっていく。だが、最後まで気持ちが切れずに、選手同士が結びつき合って連係連動できるのは日本人のいいところだと思うので、そういうところは出しながらやっていきたいと思う」

 今大会を振り返っても、低い位置からでもマイボールをつなぎ、攻撃を組み立てるポゼッションサッカー的な要素も求めてはいるが、森保監督自身、「優先順位として守備か攻撃かと言われれば、僕は守備」だと話している。

 自分たちのリズムでしか戦えないチームではなく、「耐えるところを持ちつつ、自分たちの流れに持っていけるチームにはしていきたい」と語る指揮官が目指すのは、誤解を恐れずに言えば、守備重視のサッカーだ。ときに圧倒的なボールポゼッションで相手をねじ伏せた広島時代とは、おそらくチームが進む方向性は異なってくるに違いない。

 J1屈指の攻撃力を組織しながら、なかなかタイトルに手が届かなった前任者、ペトロヴィッチ監督のあとを受け、広島を”勝てるチーム”に仕上げた森保監督らしい、東京五輪でのメダル獲得へ向けたアプローチである。

 上々のスタートを切りながらも、最後に手痛い仕打ちを受けたU-21日本代表は、これからどんなチームになっていくのだろうか。これからも森保監督の「勝てるチーム作り」に注目していきたい。

◆大久保嘉人、齋藤学…大型補強で王者・川崎Fはどれほど強くなるのか>>

◆W杯ブラジル戦でゴールを決めた玉田圭司が考える、ハリルJの戦い方>>

■サッカー代表記事一覧>>