画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●世界で最も静かなクルマは“魔法のじゅうたん”

ロールス・ロイス・モーター・カーズが最上級モデル「ファントム」をフルモデルチェンジする。1925年のデビューから数えて8代目となる今回のファントムは、単なるクルマではなく、ラグジュアリーの世界に新たなベンチマークを設定する存在とロールス・ロイスは位置づける。同社が「世界最高のクルマ」と呼んではばからない新型ファントムは、どんなクルマなのか。そして、日本ではどのくらい売れるものなのだろうか。

○多くの著名人が乗った「ファントム」が8代目に

「ファントム」は欧州で耐久レースを総なめにした「シルヴァーゴースト」の後継として1925年に誕生したロールス・ロイスの最上級モデル。歴代モデルの所有者には、フレッド・アステアやジョン・レノンなどの著名人が名を連ねる。

今回、14年ぶりのフルモデルチェンジを受けた8代目ファントムは、今後のロールス・ロイスの全モデルで基礎となる新しいアーキテクチャーを採用している。ロールス・ロイス・モーター・カーズ アジア太平洋でプロダクト・マネージャーを務めるスヴェン・グルンワルド氏によると、新型ファントムの剛性は先代モデルから全体で30%、部分的には100%も向上。新しいエアサスペンションや大型化したエアスプリングの効果もあり、その「マジック・カーペット・ライド」(魔法のじゅうたんのような乗り心地)は完成度を増したという。

○130キロ以上の遮音材を採用

ロールス・ロイスの代名詞でもある静粛性については、時速100キロの騒音レベルで先代から10%の向上を達成した。採用する遮音材の総重量は130キロを超える。6.75リッターV型12気筒ツインターボエンジンも静けさにこだわって開発。装着するタイヤについても、サプライヤーに180ものプロトタイプを作らせてノイズの少ないものを選んだそうだ。

新型ファントムの価格は5,460万円から。ロールス・ロイスにとって日本市場は世界で5番目に大きく、アジアに限って言えば中国に次ぐ2位の規模を持つ重要市場だが、新型ファントムはどのくらい売れるものなのだろうか。

●希少価値も魅力のファントム、予約は数十台?

○日本では5年で倍増のロールス・ロイス

ロールス・ロイス・モーター・カーズ アジア太平洋のジェネラル・マネージャーであるパトリック・ヴィーク氏によると、日本ではロールス・ロイスの納車台数がここ5年で倍増しているとのこと。日本自動車輸入組合(JAIA)の統計「車名別輸入車新規登録台数の推移(暦年)」を確認すると、2012年に90台だったロールス・ロイスの新規登録台数は2017年に225台まで増えている。

新型ファントムについても多くの注文を獲得できているとヴィーク氏は話していたが、詳細な予約数を聞くと「quite good order」(かなりいい感じ)として明言を避けた。ただ、2015年から2017年までの間に、ロールス・ロイスが日本国内で3カ所(名古屋、福岡、広島)の販売店を増やし、ディーラーネットワークを東京、大阪、横浜の3カ所体制から倍増させたところから考えても、ヴィーク氏が「quite confident」(自信あり)と語る背景には確かな手応えがあるようだ。

予約数の詳細は聞けなかったのだが、規模感だけでも知りたいと思ったので、ロールス・ロイス・モーター・カーズ アジア太平洋 北部地域で広報マネージャーを務めるローズマリー・ミッチェル氏にも、「数十台なのか、数百台なのか」と聞いてみた。ミッチェル氏も数字の詳細を明かすことは避けたが、「数百台」という数字に「突拍子もない」といった様子で少し苦笑したところから考えると、推測だが新型ファントムの予約台数は十数台から数十台といった規模なのだろう。

○台数の少なさがプラスに働く珍しいクルマ

ミッチェル氏によれば、日本におけるロールス・ロイスの販売台数のうち、最も高価なファントムが占める割合は基本的に1割程度で、多くて2割に届くか届かないかくらいのボリュームだという。印象的だったのは、ファントムの台数についてミッチェル氏が口にした「そうあるべき」という言葉。時々は見かけるレベルではなく、滅多に見かけないクルマであることもファントムの価値というわけだ。新型の反響については、「ずっと(ファントムを)乗り継いでいる人もいるし、14年ぶりのモデルチェンジで待っているお客様も多い」とのことで、好感触を得ている様子だった。

ロールス・ロイスは2018年の夏頃、同社が「Project Cullinan」(カリナン)と呼んで開発を進める新型SUVを世界に向けて発表する予定。このクルマの登場で、ファントムを頂点とするロールス・ロイスの商品ラインアップは一応の完成を見る。昨今のSUVブームが追い風になったとしても、カリナンが爆発的な売れ行きをみせるとは思えないが、街でSUVを見かける機会がますます増えていく中、カリナンもロールス・ロイスらしい希少価値で独特の存在感を放つクルマとなりそうだ。