新年度になると新たな出会いのチャンスがたくさん訪れます。初対面の時など、その人のことを知るためのキッカケとなる会話が必要となりますが、そんな時の定番質問といえば「趣味は何ですか?」ではないでしょうか?

とはいえ「趣味」と言われても、案外困ってしまう人も多いかもしれません。「“読書”や“音楽鑑賞”はありきたり?」とか「人に言えるほどハマっている趣味がない」とか、さらには「マニアックだから恥ずかしくて言えない」なんていう人もいるかもしれせん。

趣味を持っている日本人は約7割に

「株式会社トライバルメディアハウス」が行なった調査によると、全国の30歳〜59歳の男女4,700人のうち「趣味を持っている」と回答した人は3,378人。71.8%の人が趣味を持っているという結果が出ています。

さらに同調査では、趣味を持っている人に「その趣味にとてもハマっている」かつ「とても幸せだ」と答えた人を“趣味充”と認定。その割合を都道府県別に調査し、ランキングで発表しています。そこで次ページでは、趣味充の都道府県ベスト5とワースト5を紹介!

趣味を楽しむ“趣味充”の割合は西高東低の傾向

趣味充が多い都道府県

1位 徳島県……4.9%

2位 沖縄県……3.9%

3位 奈良県……3.2%

3位 鹿児島県……3.2%

5位 愛知県……2.9%

5位 京都府……2.9%

5位 大阪府……2.9%

5位 岡山県……2.9%

5位 熊本県……2.9%

趣味充が少ない都道府県

47位 宮城県……0.6%

46位 愛媛県……1.0%

46位 北海道……1.0%

44位 宮崎県……1.3%

44位 高知県……1.3%

44位 静岡県……1.3%

44位 岐阜県……1.3%

44位 富山県……1.3%

44位 新潟県……1.3%

44位 茨城県……1.3%

44位 岩手県……1.3%

44位 青森県……1.3%

まず「趣味充が多い都道府県」をみると、東日本エリアはゼロ!関西や四国、九州エリアが数多くランクインしていました。一方「趣味充が少ない都道府県」でも宮崎や愛媛、高知などが入っていますが、目立つのはやはり「宮城県」「北海道」「青森」「岩手」という東北・北海道エリア。どうやら趣味に関しては完全に西高東低。西日本の人が趣味を楽しんでいるといえそうです。

県民性博士の矢野新一氏の分析によると、徳島県人は「阿波商人」に由来する県民性があるそう。「阿波の人は、思いがけなくお金が入ったら、これを元手にして何倍かに増やす」タイプなんだとか。

お金をかけずに趣味を楽しむのが上手なのは、徳島県民と沖縄県民!

さらに同調査では「趣味に使うお金の比率」に関するアンケートも行なっています。趣味が充実している人は、やはりそれに比例して出費もかさむのでしょうか?

そこで1か月間で自由に使えるお金のうち、趣味に「51%以上使っている」と回答した人を都道府県ごとにランキングしたところ、「趣味充が多い都道府県」との意外な関係が明らかになります。

趣味に使うお金の比率が低い都道府県

44位(1位) 徳島県……7.0%

44位(23位) 山梨県……7.0%

44位(23位) 福井県……7.0%

44位(23位) 福島県……7.0%

43位(10位) 佐賀県……8.0%

40位(2位) 沖縄県……9.0%

40位(5位) 岡山県……9.0%

40位(10位) 兵庫県……9.0%

趣味に使うお金の比率が高い都道府県 

1位(33位) 山口県……20.0%

2位(36位) 茨城県……17.0%

2位(36位) 高知県……17.0%

2位(23位) 長崎県……17.0%

2位(36位) 宮崎県……17.0%

6位(16位) 東京都……16.0%

6位(5位) 京都府……16.0%

6位(16位) 和歌山県……16.0%

6位(10位) 島根県……16.0%

「()」内は前述の「趣味充」ランキングの順位ですが、衝撃なのは趣味充1位の徳島県が、趣味にお金を最も使わない都道府県である事実。さらに趣味充2位の沖縄、5位の岡山県もそれぞれも40位となっています。

一方趣味にお金をもっとも使う山口県は、趣味充ランキングだと33位。こちらの上位を見ても、趣味が充実している都道府県は上位に入っているのは京都くらいでした。

これらの調査を見ると、趣味が充実していて幸福を感じるために、それほどお金をかける必要はないといえそうです。そう考えると徳島県民や沖縄県民は、日本でもかなりの趣味上手といえるかもしれません。

とはいえ東京都のように、何をやるにしてもお金がかかる都道府県があるのも事実。東京だと釣りや登山、マリンスポーツなどは、移動費だけでもかかりますからね……。

【調査概要】
調査媒体:株式会社トライバルメディアハウス
調査実施期間:2017年12月18日(月)〜12月19日(火)
調査対象:全国の30歳〜59歳の男女4,700人
調査方法:インターネットによるアンケート調査