人々の生活や仕事ではAIの存在が当たり前になってくる

写真拡大

 「チェスは知恵の試金石」(ゲーテ)、「チェスは精神の訓練場」(パスカル)―。歴史上の偉人が言ったように、昔からゲームは知性の象徴だった。単なる娯楽ではなく、人生を豊かにする触媒ともとらえていたのだろう。

 昨年は人工知能(AI)と人間の知性の対決が幕を閉じた年だった。チェスやオセロに続き、将棋や囲碁の世界でも名人や世界最強棋士が相次いで敗れた。人間を倒した米グーグル系「アルファ碁」の開発者は「人との対局はこれを最後とする」と宣言した。

 その後、同社はプロ棋士の棋譜を学ばずに自己対局だけで学習していく「アルファ碁ゼロ」を発表。人の棋譜を学びながら強くなる従来型AIに100戦全勝し、「ゲームAI」の研究は新時代に突入した。

 ルールが明確で勝敗のあるゲームは、AIの能力を測る重要な指標になる。だが欧米や中国がゲームAIの研究に巨費を投じる一方で、日本は依然として「サブカルチャー」「イロモノ」などと学術的な地位が低い。

 AIに対して人間らしさとは「遊び、楽しみ、創造する」ことだろう。ゲームの本質を見抜き、単なる娯楽ととらえるなかれ。これまでと同様、未来のビジネスは遊びの中から生まれるに違いない。
日刊工業新聞2018年1月23日

あらゆる業種、最前線にヒント
 人工知能(AI)への関心が高まり、AIは人間の仕事を奪うのか、と不安を抱いている人も多い。

 歴史を振り返れば人類は次々と新たなテクノロジーを生み出すことで、生活を飛躍的に向上させてきた。例えば、1440年の印刷機の発明で本の大量生産が可能になると、製本や輸送、マーケティングや販売などの仕事が発達した。

 その後、印刷所が増え印刷コストの低下が新聞の創刊につながった。印刷機の登場により写本筆記者という職業はなくなったが、その代わりに新たな仕事が生まれていった。テクノロジーによって奪われる職業があると同時に、予期せぬ形で新たな仕事が生まれるのもまた世の常である。

 ATMの普及期にあたる1980-2010年において、米国の銀行員数と銀行の支店数は予想に反して増加している。これは、情報技術の進化により多くの新しい金融商品が生まれたことで、営業担当、管理担当、お客様担当のスタッフや、技術サポートといった新たな職種が必要になったからである。

 こうした新たな仕事の登場は、消失した職業を補って余りある。

 オートメーションはすでに、人間の労働を補完する機能を果たしている。米国、ドイツ、韓国では、ロボットの活用と人間の雇用が同時に増加している。また、オートメーションやマシンのインテリジェンスによる生産性の向上は、労働者に直接的なメリットをもたらしうる。

 米国のある企業では、製造の反復作業にロボットを導入して生産性が20%向上した結果、より多くの従業員を雇用できるようになった。

 さらに、ロボットには製作からプログラミング、保守、修理、監視までが必要になるため、新たな種類の技術職と管理職が生まれる。

 世界経済フォーラムは今後、専門性の高い営業担当者のニーズが急速に高まると予測しているが、これはテクノロジーがあらゆる産業に深く浸透するため、異業種に自社のプラットフォームの利点を説明できる営業担当者が必要になるからと述べている。

 AIの進化は止められない。各社が独自に磨いてきた人間に依存する作業を再定義することが、AIと上手に付き合うカギである。あらゆる業種の最前線にAI活用のヒントがある。
(文=上野延城<日本経営士会>)
日刊工業新聞2017年12月28日