iPhone 6 Plusを修理に出せばiPhone 6s Plusに交換の可能性あり? アップルが内部文書で指示との噂
アップルが正規サービスプロバイダ向けに、一部のiPhone 6 Plus修理につき本体交換が必要な場合、iPhone 6s Plusに交換するよう内部文書により指示しているとの噂を、米MacRumorsが報じています。

MacRumorsは複数の情報源から、この文書の信憑性について裏付けを取ったとのこと。なぜiPhone 6s Plusと交換するのか、文書中では理由は示していないそうです。同メディアは、この方針が先日も噂されたiPhone 6 Plusの交換用バッテリー不足と関連があるという可能性を指摘しています。これ以前に入手された別の内部文書によれば、アップルはすでにiPhone 6 Plusを製造していないとか。

そのため、同機種の本体および生産ラインを再起動して、交換用の在庫を補充する時間がかかるのではないかと推測。アップルはこの件についての質問に対して、ノーコメントだそうです。

どういったタイプの故障が、本体交換になるのか。MacRumorsによればディスプレイやバッテリー、スピーカーやリアカメラ、Taptic Engine(画面を押すと振動するモーター)は部品交換となり、Lightningコネクタやロジックボードの欠陥などがあれば本体交換してもらえるそうです。

すでにiPhone 6 Plusはアップルストアでも販売していませんが、その中古価格と新品のiPhone 6s Plusにはかなりの価格差があります。お手元のiPhone 6 Plusが不調なユーザーは、3月末までに修理に出せば、うれしいことが起こるかもしれません。