経営力がまぶしい日本の市町村50選(50)

JR宝塚駅(より)


[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

女性がイキイキ活動するまち

 歌劇団で有名な宝塚市は兵庫県南東部に位置し、住宅地が広がる南部市街地と、豊かな自然に囲まれた北部田園地域から成っている人口約22万5000人(2017年12月現在)の町である。

 「歌劇と温泉のまち」としても知られ年間877万人もの観光客が訪れるが、市内には神社仏閣もたくさんあり歴史を味わうことのできる町でもある。また、山本の植木産業は数百年の歴史があり、伝統的植木生産地域としても知られている。

 そして何より、この町は女性がイキイキと活動している。

 町全体が包容力に包まれ、温かいおもてなしがそこかしこに感じられる。他市に先駆けて男女共同参画施策に取り組んできたという背景もあるが、宝塚歌劇団の存在抜きには語れないだろう。

「清く 正しく 美しく」

 宝塚歌劇は大正時代の1914年に始まる、未婚の女性だけで構成される世界でも珍しい劇団である。

 現在の阪急電鉄の発展に貢献し、日本初のターミナルデパート阪急百貨店の開業にも尽力した小林一三による発案に基づく。

 そのモットーである「清く 正しく 美しく」は小林一三の教えであるが、歌劇団としてステージに上がるための登竜門である宝塚音楽学校の校訓として予科・本科の2年間にわたり徹底的に教え込まれる。

 一流の舞台人として、音楽や舞踊、演劇といった芸能の基本はもちろんのこと、一人の女性としての品性、人格が伴ってはじめて見る者の心を動かす演技ができると考えられている。

 さらには、音楽学校の付属校として、小学4年生から中学2年生までの女子を対象とした宝塚コドモアテネが開講しており、宝塚音楽学校を目指す子供たちが毎週日曜日に学んでいる。

 大正初期に誕生した宝塚少女歌劇によっていち早く西洋音楽に親しんだ宝塚では、シャンソンやジャズ、クラシックなどが演奏され、日本のオーケストラの先駆けともなった。

 このような豊かな音楽文化を背景に、宝塚ベガ・ホールや宝塚ソリオホール、宝塚文化創造館などを通じて、年間様々な音楽イベントが行われている。

 例えば、若手演奏家の登竜門として知られる「宝塚ベガ音楽コンクール」の会場審査員特別賞は、公募で集まった市民が審査員となって賞を贈るもので、コンクールの市民参加としても親しまれている。

 また、「宝塚音楽回廊」は、宝塚市全体に音楽があふれるイベントとして2004年に始まり、毎年秋に開催されている。

 市内のホールやライブハウス、ギャラリー、ホテル、飲食店、駅前広場、公園など、パブリックスペースも含めてあらゆる場所が会場となり、ジャズやシャンソン、クラシック、ポップ、ロックなど多岐にわたる音楽が演奏される。

 運営も第1回から市民ボランティアが担い、まさに文化芸術の基盤がある宝塚ならではの市民主導型イベントであると言えよう。

 真善美をベースとする宝塚歌劇団の存在そのものが宝塚市全体に文化芸術の薫りをもたらし、市民の気質や矜持につながり、冒頭にも述べた何か独特な清廉で愛情ある気風を生み出しているのではなかろうか。

市民による市民のための文化芸術活動

 宝塚市は、人口に対する芸術家の居住比率が全国屈指の高さであったり、他市に比べてバレエやダンスなどの教室が多く、舞踊に親しんでいる市民性があることや、ピアノを保有する家庭も多いなど、まち全体で文化芸術の土壌を育んでもいる。

 市内の中学校での宝塚歌劇の鑑賞も宝塚市ならではの取り組みと言えよう。

 さらに市では2015年から6年間を期間として以下の基本理念に基づき「文化芸術振興基本計画」を定め進めている。

〇市民が持つ自主性及び創造性並びに文化芸術が持つ多様性の尊重
〇市民が等しく文化芸術活動を行う権利の保持
〇文化芸術の継承と新しい文化芸術の創造

〇長期的な視点での文化芸術の振興
〇市民、市の連携と協働での文化芸術の振興

 特に市民による様々な芸術活動の成果を発表する機会を整えた点が大きい。

 普段の活動は個別に行っている団体が、ジャンルごとに一堂に会することで相互の関係を築き、意識し合い、全体のレベルアップにつながっているのだ。

 例えば先述の「宝塚音楽回廊」のみならず、「伝統芸能フェスティバル」では、舞踊や民謡など様々な団体で組織する実行委員会が運営している。

 さらにはジャンルを横断した連携を目指して2010年に宝塚市文化団体連絡会が発足し、加盟する団体がそれぞれの特徴を生かしたワークショップなどを開催して、多くの子供たちが気軽に楽しく文化芸術に触れられる機会も提供している。

手塚治虫の原点

 1933年、5歳の頃に大阪府豊中市から宝塚市へ引越してきた手塚治虫は、23歳で上京するまでの約20年間の多感な時期を宝塚市で過ごした。

 手塚治虫が生涯描いてきた、自然の大切さや生命の尊さには、幼い日に宝塚の豊かな自然に触れ、大好きな昆虫を追いかけた思い出が色濃く投影されているとも言われている。

 また、母親に連れられて通った宝塚歌劇などモダンな文化に囲まれた暮らしは、異国文化への憧れをかきたて、未来の都市に想像をめぐらすことにつながった。それらは洋の東西も、過去も未来も自在に描く豊かなイメージの源泉ともなった。

 文明と自然の対立や、異なる文化同士の出逢いが生み出すドラマ、その狭間に生まれては消えていく生命への賛歌といった手塚マンガの原点が宝塚市に見出せる。

 手塚治虫の例からも分かる通り、子供たちの想像力や好奇心を育むには自然や文化芸術に触れることが肝要である。

 特に芸術教育や感性に関しては、2020年に実施される次期学習指導要領でも論点の1つになっているところでもあるので、その重要性について、以下にいくつかの文献からの引用をご紹介したい。

・創造的産業には芸術的な要素が必須。芸術のスキルはイノベーションのプロセスに関係することが多い。(OECD教育研究革新センター「アートの教育学」)

・「新しい世界状況の中で勝ち抜くために必要な数学や科学の知識に加え、ものごとをクリエイティブに考える能力を養う芸術教育にも力を注ぐべき」

・「芸術教育の真の目的は、この自由な世界で成功を収め、実りある人生を送れる、すべてを備えた人間を創造すること」(以上、オバマ米大統領のマニフェスト(文化政策)「バラク・オバマとジョー・バイデンは芸術文化を支援します」)

・「新しい時代を動かしていく力は、“ハイ・コンセプト”。パターンやチャンスを見出す力、芸術的で感情面に訴える美を生み出す能力、人を納得させる話のできる能力、一見ばらばらな概念を組み合わせて何か新しい構想や概念を生み出す能力」(「ハイ・コンセプト」ダニエルピンク著)

・「感性や想像力等を豊かに働かせて、思考・判断し表現したり鑑賞したりするなどの資質・能力を相互に関連させながら育成すること(中略)」

・「生活を美しく豊かにする造形や美術の働き、美術文化についての実感的な理解を深め、生活や社会と豊かに関わる態度を育成すること(中略)」(以上、H28年教育課程部会 芸術ワーキンググループによる芸術教育の現状と課題 / 文部科学省)

 子供たちの文化芸術に触れる機会の減少が指摘される昨今、彼らの想像力や好奇心を育み豊かな人間力を醸成するためには、宝塚市のように地域社会の中でそのような機会を積極的に設けていくことがますます求められてくる。

【宝塚市の財政事情(2015年度)】――――――――――――――――――――――

宝塚市は、財政の強さを示す財政力指数※1が0.87と、全国の類似団体39市の平均0.82を上回るが、一方で経常収支比率※2は96.3%と、類似団体の平均90.1%に比べて財政の弾力性はやや低いと言える。

また歳入総額が74,425,425千円と、類似団体平均の95,645,215千円に比べて少ないが、沿線開発に伴う住宅エリアの拡大で、産業構造が第二次から第三次へ大幅にシフトしたことが一因と考えられる。

 大阪経由で来日観光客も増える中で、グローバル化に対応した収入基盤の整備が求められよう。

歳出の面では、人口千人当たりの一般職員数5.44人については、類似団体39市の平均よりも若干少ない状況にある。

 一方で人件費に関しては、性質別歳出の費目の中で唯一、類似団体に比べて高い支出額となっており、2016年からは市職員の給与減額措置などの行財政改革にも着手し広報誌でも支払額を公表するなどの取組みを行っている。

<人口千人当たり職員数(人)>
○一般職員 5.44(宝塚市) ⇔ 5.90(類似団体)

<人口1人当たり性質別歳出(単位:円)>
○人件費 62,341(宝塚市) ⇔ 57,432(類似団体)
  うち職員給 40,962(宝塚市) ⇔ 38,769(類似団体)


※1 財政力指数= 基準財政収入額 ÷ 基準財政需要額(3ヶ年の平均値)
基準財政収入額…自治体の標準的な収入である地方税収入の75% などを対象とする。
基準財政需要額…人口や面積などにより決められる標準的な行政を行うのに必要と想定される額。
※2 経常収支比率…財政構造の弾力性を判断する指標で毎年度経常的な収入に対し、人件費や扶助費(児童福祉費や生活保護費など)、公債費(借金返済費など)のように、経常的に支出しなければならない経費が占める割合
※3 標準財政規模…自治体の標準的な状態で通常に収入されるであろう経常的一般財源の額
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【参照、出典】
 ・宝塚歌劇団HP(http://kageki.hankyu.co.jp/)
 ・宝塚市文化芸術振興基本計画(http://www.city.takarazuka.hyogo.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/011/306/keikaku.pdf)
 ・第5次宝塚市総合計画後期基本計(http://www.city.takarazuka.hyogo.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/014/706/soukeikouki.pdf)
 ・「宝塚まちかど学 新版」(田辺 眞人・監修、 宝塚市文化財団・編)
 ・「宝塚市大事典」
 ・広報「たからづか」(2017年12月号)

筆者:大和田 一紘