【1月23日まとめ】男子ダブルス日本勢が準決勝進出。ナダルは途中棄権のためベスト8でコートを去る[全豪オープン]

写真拡大

テニスのグランドスラム「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/本戦1月15〜28日/ハードコート)の9日目、男子女子ともにシングルス準々決勝、ダブルス準々決勝が行われた。

男子シングルスは、世界ランキング49位のカイル・エドマンド(イギリス)が、第3シードのグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)と対戦。第1セットからエドマンドが押す展開を見せ、セットカウント3-1とし、1977年以来のイギリス人選手セミファイナリストとなった。第1シードのラファエル・ナダル(スペイン)対マリン・チリッチ(クロアチア)は、ナダルがファイナルセット途中でケガのためリタイアとなり、チリッチがベスト4進出を決めた。

女子シングルスは、ミスが目立ったエリナ・スビトリーナ(ウクライナ)に対し、冷静に試合展開をしたエリース・メルテンス(ベルギー)がストレート勝ちを収めた。カロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)はカルラ・スアレス ナバロ(スペイン)に対してフルセットにもつれ込む内容となったが最後はしっかり押さえて、準決勝進出を決めた。

男子ダブルスでは、マクラクラン勉(日本)/ヤン レナード・ストルフ(ドイツ)ペアがフルセットで競り勝ち、日本勢が63年ぶりとなるベスト4進出となった。また、ボブ・ブライアン(アメリカ)/マイク・ブライアン(アメリカ)も勝利している。

女子ダブルスは、シングルスではベスト8で敗退したシェイ・スーウェイ(台湾)とペン・シューアイ(中国)のペアが、ストレートで勝利し準決勝へ進出した。第1シードのチャン・ユンジャン(台湾)/アンドレア・フラバーチコバ(チェコ)はフルセットの末、準々決勝敗退となった。

◇   ◇   ◇

【1月23日 主な試合結果】

◆男子シングルス準々決勝

○カイル・エドマンド(イギリス)6-4、3-6、6-3、6-4 ●グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)

○マリン・チリッチ(クロアチア)3-6、6-3、6(5)-7、6-2、2-0(リタイア)●ラファエル・ナダル(スペイン)


◆女子シングルス準々決勝

○エリース・メルテンス(ベルギー)6-4、6-0 ●エリナ・スビトリーナ(ウクライナ)

○カロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)6-0、6(3)-7、6-2 ●カルラ・スアレス ナバロ(スペイン)

◆男子ダブルス準々決勝

○ボブ・ブライアン(アメリカ)/マイク・ブライアン(アメリカ)6-1、6-4 ●マルチン・マトコウスキ(ポーランド)/アイサム・クレシ(パキスタン)

○マクラクラン勉(日本)/ヤン レナード・ストルフ(ドイツ)6-4、6(4)-7、7-6(5) ●ルーカシュ・クボト(ポーランド)/マルセロ・メロ(ブラジル)

◆女子ダブルス準々決勝

○イリナ カメリア・ベグ(ルーマニア)/モニカ・ニクレスク(ルーマニア)4-6、6-2、6-0 ●ジェニファー・ブレイディ(アメリカ)/バニア・キング(アメリカ)

○シェイ・スーウェイ(台湾)/ペン・シューアイ(中国)6-1、6-4 ●ルーシー・サファロバ(チェコ)/バーボラ・ストリコバ(チェコ)

○クリスティーナ・ムラデノビッチ(フランス)/ティメア・バボシュ(イタリア)4-6、6-0、7-6(6)●チャン・ユンジャン(台湾)/アンドレア・フラバーチコバ(チェコ)

○エカテリーナ・マカロワ(ロシア)/エレナ・ベスニナ(ロシア)0-6、6-1、7-6(2) ●シュー・イーファン(中国)/ガブリエラ・ダブロウスキー(カナダ)

(テニスデイリー編集部)

※写真はディミトロフを破り77年以来の英国人選手準決勝進出を決めたエドマンド
(Photo by Paul Rovere/Getty Images)