江陵アートセンターを視察する北朝鮮視察団=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国北東部の江原道で開かれる平昌冬季五輪(2月9日開幕)に合わせた北朝鮮の「芸術団」公演会場が国立劇場・ヘオルム劇場と江陵アートセンターに決まった。統一部当局者が23日、伝えた。

 同当局者によると、北朝鮮は五輪競技場がある江陵では2月8日に江陵アートセンターで、ソウルでは同11日に国立劇場・ヘオルム劇場でそれぞれ公演すると通知文を送った。

 三池淵管弦楽団の約140人からなる芸術団は、平昌五輪の期間中にソウルと江陵で1回ずつ公演を行うことになっており、団員にはオーケストラのほかダンサーや歌手も含まれているとされる。