「神と共に」のポスター(資料写真)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国映画「神と共にー罪と罰」(原題)が歴代興行成績3位に躍り出た。

 韓国映画振興委員会の統計によると、同作の観客動員数の累計は23日午後に1362万4690人を記録し、これまで3位だった「アバター」(2009年、1362万4328人)を抜いた。

 「神と共に」は封切りから1カ月が過ぎたが、依然として前売り5位以内に入っており、歴代2位の「国際市場で逢いましょう」(14年、1426万人)の記録を破る可能性もある。これまでに最も多くの観客を集めた映画は「バトル・オーシャン 海上決戦」(14年、1761万人)だ。

 「神と共に」はアジア各国でもヒットを続けている。

 配給会社によると、18日にマレーシアで公開された同作は週末に前売り率1位を記録し、先立って公開された台湾では4週連続、香港では2週連続で興行ランキング首位に立った。31日にはフィリピンでも公開される。