あなたは手相において“知能線”という名前を聞いたことがありますか? “知能線”は誰にでもある“三大線”のひとつで、人差し指と親指の付け根から始まり、手のひらの中央を横あるいは斜めに伸びる線のことを言います。


出典:NOSH

そこで今回は、知能線からわかる、あなたの才能や考え方の癖についてご紹介いたします。

 

■1:知能線は長さよりも線の明確さと起点に注目する

知能線は知恵や判断力、直観力といった“頭脳の働き”を表します。また、“生活力”や“今後の人生の浮き沈み”まで示す線とも言われているもの。知能線は、線がハッキリしているほどいい手相と言われ、手相を見る際にはすべての線の中心となるとても大切な線なのです。知能線の長さはあまり関係なく、一直線に勢いよく刻まれているのが吉相。起点が生命線と同じ位置なら慎重派、離れるほど積極的で大胆な性格だと言えるでしょう。

 

■2:人差し指の下で生命線から分かれるのは常識人の相

知能線の起点は生命線と重なる場合が多く、人差し指の下あたりから2つの線が分かれるものが最も多いタイプ。この手相の持ち主は、良識があって現実に見合った判断や大人の対応ができる人。あまり無茶をしないので、失敗も少ないでしょう。この知能線の形で、手が小さい人は大胆な性格、手が大きい人は気が小さい傾向があると言えます。いずれにしても、常識的で付き合いやすい性格だと言えますよ。

 

■3:知能線の起点が生命線の内側にある場合は神経質で細かい性格

知能線の起点が生命線の内側にある人は、かなりの神経質だと言えます。小さいことでヤキモキしたり、他人のちょっとした発言に疑心暗鬼になってしまったりするでしょう。この手相の持ち主で、手がやわらかい人はささいなことへのこだわりが強く、手の固い人は短気で怒りっぽい傾向が。どちらもおおらかな性格の人をパートナーに選べば、欠点を補ってくれるためマイルドな性格へと変わっていくはず。

 

■4:知能線の起点が生命線から3〜4ミリ離れるとアクティブで変化を求める性格

知能線の起点が生命線から3〜4ミリ離れ、生命線に沿うようにカーブを描く人は、何事にも前向きで行動派。誰にでもひるまずに自分の意見を言えますが、その一方で自分の意見を相手に押し付けてしまうところがあるでしょう。また、じっとしているのが嫌いで、常に変化のある生活を求める傾向が。接客業やイベンターといった、人をもてなす仕事に就くことで、持ち前の才能をいかんなく発揮できそうです。

 

知能線は人によって伸びる方向がさまざま。その方向によって、現実的な性格か、それとも感覚的な性格なのかを知ることができます。知能線の先端が上に向かっている場合はクールで理知的、下に向かうとクリエイティブな才能の持ち主と言えるでしょう。自分の能力をしっかりと把握したうえで仕事に向かうことで、素晴らしい結果を出すことができるはず。知能線は自分の才能を知るための線なのです。(脇田尚揮/ライター)

【関連記事】

※ バレるからやめて!社内不倫カップルの「ゲスLINE」をコッソリ覗き見

※ もう限界!男が「別れを決意した」彼女のウザLINE

※ 可愛いなぁ♡男がグッとくる「行為中」のワガママ