1年ぶりにツアー復帰を果たすタイガー・ウッズ 戦いぶりに注目だ(写真は2017年ヒーロー・ワールドチャレンジ)

写真拡大

<ファーマーズ・インシュランス・オープン 事前情報◇23日◇トリーパインズGC(7,698ヤード・パー72)>
スーパースターがツアーに1年ぶりの復帰だ。タイガー・ウッズ(米国)が現地時間の25日(木)に開幕する「ファーマーズ・インシュランス・オープン」で、米国男子ツアーの舞台に戻ってくる。
【フォトギャラリー】タイガーがツアーに帰ってきた!
これまで同ツアーで積み重ねてきた勝利はメジャー14勝を含む79。サム・スニード(米国)の82勝に次ぐ、歴代2位の大記録だが、最後の優勝は2013年8月の「WGC-ブリヂストン招待」。プロデビュー間もない松山英樹との予選ラウンドで“61”をマークするなど、圧倒的な存在感を見せたが、その後はケガの影響もあり低迷。勝ち星のないまま4年半の年月が流れた。
09年に発覚した不倫スキャンダル後、一時は世界トップの座から陥落したが、12年は3勝、13年には5勝を挙げて復活。世界トップに返り咲くと、14年の5月までは再び世界ランクも1位をキープしたが、その後は下降線をたどった。15年の「ウィンダム選手権」で10位タイに入るも、以降はツアーを離脱。17年の「ファーマーズ-」で復帰を遂げたが、トータル4オーバーの予選落ちに終わった。続けて出場した欧州男子ツアーの「オメガドバイデザートクラシック」では初日のプレーを終えて棄権。その後、再び表舞台から姿を消すと、4月に入ってから4回目の腰の手術を告白。再びの復帰へ懸命な治療のさなか、衝撃のニュースが飛び込んだのは5月だった。「タイガー逮捕」。
腰の手術後に飲酒・薬物運転の疑いで逮捕、その後の有罪判決など、最近のタイガーに明るい話題はない。薬による治療中と、誰もが想像できない苦しみの中をさまよっていたタイガー。そんな状態から抜け出し、久しぶりに公の場に姿を見せたのが、10月に開催された米国選抜対世界選抜の「ザ・プレジデンツカップ」。米国チームの副キャプテンとしてチームを引っ張り、元気な姿を見せた。
12月には自身がホストを務める「ヒーロー・ワールドチャレンジ」で競技に復帰する。9位タイに入ると、年末には18年のスケジュールを発表。初戦は、08年の「全米オープン」で最後のメジャー優勝を遂げた舞台、トリーパインズGCで開催される同大会。「18年は連戦も含めて、フルシーズン戦いたい」と発表した決意の年。再び、タイガーに栄光の日は訪れるのか。世界中のゴルフファンをとりこにした、あの圧倒的な強さをもう一度見せるのか。開幕が待たれる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【Yトラック】の実験で、タイガー・ウッズの復活を確信!
松山、ウッズのプレーに脱帽「“この人どうしようもないなぁ”と思った」
タイガー・ウッズ逮捕現場での動画が公開 朦朧とした状態が明らかに
タイガー・ウッズの「世界」が広がった!【舩越園子コラム】
タイガーが石川遼にエール!「成長を楽しみにしている」