記事画像

写真拡大

2018年1月20日、21日の2日間、「サロン・デュ・ショコラ2018」に行ってきました。

今年から有料チケット制になったため、入場時や会場内の混雑も軽減され、かなり買いやすくなりました。その分、買い回りのコツも例年と異なるので、ご紹介します。

人気日時枠のチケットは30分以内に完売

サロン・デュ・ショコラは2002年に日本に初上陸し、今年で開催16回目を迎えました。伊勢丹新宿店の催事場から新宿NSビルに移ったのが2015年。昨年(2017年)はさらに大きな会場、東京国際フォーラムでの開催でした。会場面積は広くなりましたが、その分来場者も増え、混雑具合はものすごい状態に。

そして2018年は再び新宿NSビルに戻ってきました。加えて今回は初の有料チケット制になったため、会場内の様子はがらりと変わりました。

チケットは毎日10、12、14、15、16、17、18、19時から入場できるものがそれぞれ1000枚ずつ用意され、ウェブ上で事前販売が行われました。チケット発売の11月、私はスマホを手に待機。カード会員の特別招待日にあたる初日と2日目のチケットを人数分購入しました。両日とも午前中のチケットは30分以内に完売という人気ぶりでした。

初日は同行者の意向もあり、12時〜12時30分入場の回に。12時15分頃に到着にしたため、すぐに会場に入れました。例年なら入場までにかなり待たされる時間帯なだけにチケットの効果をさっそく実感!

人気店はどのタイミングで並ぶべき?

ここ数年はセレクションボックスなどの人気商品に長蛇の列ができてお目当ての商品が買えないことがあったため、欲しい商品はあらかじめ通販で購入しておきましたが、結論から言うと、その必要は特にありませんでした。というのも、初日はお目当ての商品もショーケースにずらりと並んでいたからです(2日目の夕方は欠品が目立ちましたが)。

通販で1時間格闘して結局買えなかった初参加のお店に行ってみると、目立った列もなく、商品もたっぷり! この手のショップは初日の午前中に売り切れになって、会期中ずっと空のショーケースを見続ける状態になるのが常だったので、驚きつつも即購入しました。確実に手に入れたい人気商品がある場合以外は初日の朝8時から並ぶ必要はないと思います。

会場内は混雑しているけれど、身動きが取れないエリアもなく(過去のNSビル開催時にはそのような場所もありました)、列に並ぶ前に商品を確認することも何とかできます。

会場の外にまで列が続くほどの人気店は、予想通りではありますが、次の入場時間になる直前が一番空いているので、先に空いてる店を買い回り、落ち着いたころに人気店へ並ぶのが正解! これでかなり時間が短縮できます。

また、今回感動したのが、大行列で毎年買えなかったパンやチョコレートドリンクが夕方でも残っていること。ジャン=ポール・エヴァンのイートインもすぐに入れる状態でした。ここ数年の混雑を知ってる人にとってはびっくりな光景のはずです。

チケットはまだ販売中! 狙い目の時間帯は...

ということで、今年は8万4835円分のチョコレートを購入しました。うちECサイトで2万4624円、残りは会場です。両日ともぐるっと1〜2周して3時間程度。チョコレート好きならかなり楽しめます。

ちなみに私のように毎年行っていると新しいショコラティエのチョコレートが食べたくなる一方で、「美味しいことは知っているけれど今年は買わない」というものがたくさんあります。なので今年は、たとえば、ちょっと前は初日の午前中で完売していたベルナシオンが列もなく買える...といった状態でした。

公式サイトを確認すると、23日時点でチケットは日時によってはまだ購入可能。残り枚数が表示されているので、平日の遅い時間なら現状スムーズにお買い物ができそうです。

「混雑しているから」と諦めていた方、「買いたいチョコレートが買えなさそう」と遠のいていた方は思っている以上に満足のできる買い物ができるかもしれませんよ。