この記事はROOMIEからの転載です

働く私たちにとって、スマホはもはや必須のアイテム。

アポイントを取るのもスマホ。タスク確認もスマホ。メールの返信もスマホ。かさばるPCを持ち運び作業するよりも、スマホで作業するほうが楽なのだ。

しかし、スマホにはご存知の通り、大きな欠点がある。PCのようにスムーズな文字入力ができない点だ。スマホでの大量の文字入力は一種のストレスとして私たちを悩ませている。

そんな問題を解決してくれるのが、日本でも何度も話題になった投影式レーザーキーボード「Serafim Keybo」

海外ではアメリカのクラウドファンディングサイトKickstarterで展開済みだが、ようやく日本での展開が決まった。

すでに日本のクラウドファンディングサイトMakuakeにて、目標金額の10倍近くの資金が集まっている。

最大の特徴は赤外線センサーによる、素早い文字入力が可能であること。これまでの投影式キーボードは指の動きをカメラで認識し、その映像から指の位置を感知していた。そのため、処理速度にも時間がかかった。

しかし、Serafim Keyboは「非接触型技術」を応用した二つの赤外線センサーを利用しているため、スピーディーで正確な文字入力が可能なのだ。

これがあれば、スマホでの作業効率が一気にあがりそう。キーボードとしての機能だけでなく、専用のアプリがあれば楽器にも!? つづきはROOMIEでどうぞ!

Image:makuake

Source:makuake

(yui)