福島原発で溶融核燃料のデブリを確認 本格取り出しは遠い道のり

ざっくり言うと

  • 福島第1原発2号機の格納容器で、溶融核燃料であるデブリが確認された
  • 東電は、デブリの取り出しを「気中工法」で実施する方針という
  • 高い放射線への対策が必要なため、本格取り出しへの道のりは遠いと筆者

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング