iPhoneのアラームをSiriで一括オン/オフする技が便利 もう寝坊の心配はない?

写真拡大 (全4枚)

iPhoneのアラームを目覚まし時計の代わりに利用している人は多い。
かくいう筆者も、そのひとりだ。

朝、なかなか起きられない人は、複数のアラームを設定している人もいる。
たとえば、7時に起きたいなら、6時、6時半、7時といった具合だ。

これら複数のアラームは「時計」アプリからオン/オフできる。
しかし、毎日のこととなると、かなり面倒だ。
また最初のアラームで気持ちよく起きられたら、残ったアラームを1つずつオフにするのも面倒だ。

そこで今回は、iPhoneのSiriでアラームを一括でオン/オフする便利な技を紹介しよう。


■Siriでアラームを一括オン/オフしよう
iPhoneのアラームは、Siriで一括オン/オフすることができる。

通常、複数のアラームをセットする場合、「時計」アプリを起動後、アラームをひとつずつオンにする。




同じ操作をSiriでやってみよう。

Siriですべてのアラームをオンにする場合、
・Hey Siri(ヘイ、シリー)
・アラームをオンにして
・全部オンにして




Siriですべてのアラームをオフにする場合、
・Hey Siri(ヘイ、シリー)
・アラームをオフにして
・全部オフにして




Siriの読み上げがウザイと思う人がいるかもしれないが、手元が暗くても、手がふさがっていても関係ないので、実際に使ってみるとなかなか便利だ。


ITライフハック 関口哲司