JDIが透明なガラス製 指紋センサを発表。ディスプレイ埋め込みや曲面にも対応
JDI(ジャパンディスプレイ)は、無色透明な静電容量式ガラス指紋センサーを開発しました。2018年度の量産出荷開始を予定します。

●無色透明でフレキシブル、ディスプレイ埋め込みも可能

モバイル端末向け指紋センサーといえばシリコン製が一般的ですが、不透明、かつ弾性が乏しく曲面に適用できないなど、デザイン面の制約が大きい課題がありました。

一方の本センサーは、ガラス基盤の採用で無色透明を実現。仕組みとしては、静電容量式タッチパネルの技術を応用しています。具体的に説明すると、静電容量式タッチパネルは指がディスプレイに触れる際の静電容量の変化をエリアごとに検知し、タッチした位置を特定する仕組みですが、JDIはこれを進化させ、指紋の凹凸による静電容量の変化を検知する技術の開発に成功したといいます。

無色透明のため、指紋センサーをディスプレイに埋め込むといった用途も技術的には可能。「シリコンは曲げられないが、ガラスならある程度曲げられる」(担当者)というフレキシブル性も売りにします。さらに、ガラス基板をプラスチック基板に置き換えることで、ドアノブや曲面の表面や、曲がりやすいクレジットカードにも搭載できるフレキシブル性も確保できるとのこと。



iPhoneやGalaxyなどでベゼルレスの全画面が広がり、廃止や背面に追いやられがちな指紋センサーですが、ディスプレイ埋め込み可能な指紋センサーとしてはクアルコムも超音波式を発表済。今後、ディスプレイ埋め込みタイプが広がっていくのかもしれません。

なお、JDIによると、2018年度に量産を開始する静電容量式ガラス製指紋センサーは、スマートフォン向けではないとのこと。どのような製品向けかは非公開としています。また、JDIは指紋センサーを皮切りにセンサー事業に参入し、ディスプレイ以外の収益基盤の強化を図るとしています。