画像提供:マイナビニュース

写真拡大

サニーヘルスはこのほど、ダイエット情報発信サイト「microdiet.net」にて調査レポート『2018年も69%もの人がお正月太りに! あなたは何kg増えましたか? アンケート集計結果発表! 』を公開した。

同社が1月に全国の18歳以上の男女611名を対象に行った「年末年始太りについてのアンケート」によると、今回の年末年始で太ってしまった人は69.0%であったという。

年末年始で増えた体重はどのくらいか尋ねたところ、最も多いのは「2kg」(27.5%)だった。次いで「1kg」(23.7%)、「3kg」(11.7%)となっている。増えた体重の平均値は、体重が増えなかった人を含めると1.2kgだった。「増えた」と回答した人の平均値は2.11kgとなっている。過去5年の平均増量値を見ると毎年2kg前後で、お正月は体重が2kg増える人が多いことがわかった。

太ってしまった原因について尋ねると、「忘年会で1週間飲み会続き」(30歳・女性)、「運動せず飲んで食べて寝ていた」(32歳・女性)、「仕事がお休みで普段食べないような物を大量に食べた」(38歳・女性)など、食べる量が増えたにもかかわらず、運動量が減ったことが原因と考えている人が多かった。

最も年末年始太りをしてしまった年代を調べたところ、最も多いのは20代(2.41kg増)で、2位は50代(2.16kg増)、3位は40代(2.14kg増)だった。20代は他の世代よりも独身が多いためか、外食や飲み会の機会が多かったり、実家で何もせずに過ごしたりと、太る要素が多いことが要因と考えられるという。

年末年始に「体重は変わらなかった」と回答した人(31.0%)に年末年始の過ごし方を尋ねたところ、「甘いものや脂っこいものを控えめにした」(35歳・女性)、「鍋物の野菜は好きなだけ食べ、炭水化物をいつもよりも控え目にした。なるべくたくさん歩くようにした」(46歳・女性)などの声が寄せられた。さらに2018年の減量目標数を聞くと、1位は「5kg」(26.0%)、2位は「10kg以上」(24.0%)、3位は「3kg」(15%)だった。

同サイトによると、5kg以上の減量を目指すのであれば、周りを巻き込みつつ、ダイエットサイトやアプリなどのツールを利用するのがおすすめとのこと。年末年始に食べ癖がついてしまった人は、食事日記をつけて自分が食べた量を把握するとよいという。

詳しい説明はmicrodiet.netの最新の記事『2018年も69%もの人がお正月太りに! あなたは何kg増えましたか? アンケート集計結果発表! 』で解説している。