藤田紘一郎『手を洗いすぎてはいけない』(光文社新書)

写真拡大

日本人の大便の量が激減しています。大便は単なる「食べ物のカス」ではありません。食べ物のカスは約5%で、固形部分の大半は「腸内細菌」の死骸。つまり腸内細菌が減っているのです。その結果、腸に穴があいて、下痢になる人が増えています。その原因は周囲にあふれる「抗菌グッズ」にあるのです――。(第2回)

※本稿は、藤田紘一郎『手を洗いすぎてはいけない』(光文社新書)の第4章「マスク大好き日本人の愚」を再編集したものです。

■腸内細菌が激減すると大便の量も激減する

私たちの腸には、およそ200種類100兆個もの腸内細菌がすんでいます。重さでいえば、およそ2キログラムにもなります。

その腸内細菌は、腸粘膜細胞と協働して、人が生きるために必要な多くの仕事を行っています。主な腸内細菌の働きは、以下のとおりです。

----------

・食べ物の消化、吸収、便の形成
・免疫機能の維持
・有害物質の排除
・ビタミンの合成
・必須アミノ酸の合成
・ホルモンの合成
・脳内伝達物質の合成
・酵素の合成
・腸の蠕動運動の促進

----------

このように、腸内細菌の働きは、生命活動そのものに直結しています。

ところが今、困ったことが起こってきています。

現代を生きる私たちの腸内細菌が、かつての日本人より明らかに数が減ってきてしまっているのです。

それは、大便の量を見るとわかります。大便は単なる「食べ物のカス」ではありません。約60パーセントが水分、約20パーセントが腸内細菌とその死がい、約15パーセントが腸からはがれ落ちた粘膜細胞の死がい、約5パーセントが食べたもののカスという具合に構成されています。つまり固形部分の大半は腸内細菌なのです。

ですから、大便が小さいということは、腸内細菌の数が少ないことを表します。色が黒かったり、コロコロだったり、硬すぎたり、水っぽかったりなど、大便の状態がよくない場合は、善玉菌が少なく、悪玉菌が増えすぎているなど、腸内バランスが乱れ、腸内フローラが貧弱化していることを示しています。

■若い女性の便から、非常に強いにおい

では、かつての日本人はどのくらい立派な大便をしていたのでしょうか。

こんなエピソードが残されています。太平洋戦争のさなか、日本軍の野営地あとを米軍の兵士が偵察に来ました。そこには大量の大便があり、それを見た米軍兵士はこんな大軍と戦ったら大変なことになる、と逃げ出したといいます。ところが実際の日本軍は、米軍が推察した人数にまったく満たなかったということです。

戦前の日本人の大便は、平均して約400グラムもの重さがあったと推計されています。約400グラムとは、バナナ4本分です。ところが現在では、よい人でも約200グラム程度、少ない人では150グラムほどしかありません。

以前、お菓子ばかり食べていて、自炊をほとんどしないという若い女性の大便を調べさせてもらったことがあります。重さはわずか80グラムほどしかなく、非常に強いにおいを放っていました。悪玉菌が異常繁殖し、腸内細菌の数が少ないという最悪の状態だったのです。

■腸に穴があく人が増えている

それでは、腸内細菌の数も豊かで、腸内フローラのバランスも整っている際の大便とは、どのようなものでしょうか。理想の大便とは、

----------

・バナナ3本分(約300グラム)
・便切れが爽やか
・練り歯磨きや味噌の硬さ
・黄褐色でにおいはかすか
・ゆっくりと水に沈む

----------

というものです。バナナ4本分も出ればパーフェクトでしょう。腸内フローラの状態が大変よく、腸内細菌の数もたくさんいることを示す大便です。

では、腸内細菌の数が減り、腸内フローラが貧弱になると、どうなるのでしょうか。まず、箇条書きで記した「腸内細菌の働き」がうまく行われなくなります。いずれも生命活動に関わるものですから、初期の状態では疲労感や憂うつ感が強くなったり、風邪を引きやすくなったり、便秘や下痢などの便通異常が生じたりします。

さらに腸内環境が悪化してしまうと、どうなると思いますか。

今、腸に細かな穴のあいている人が増えています。

人の体を構成する細胞は、古い細胞が新しい細胞に次々と入れ替わっていくことで、臓器の働きを恒常的に保っています。この新旧の細胞の入れ替わりを「新陳代謝」と呼びます。新陳代謝のスピードは、臓器の働きによって異なります。消化吸収や免疫機能の維持など、生命に直結する働きを持つ腸は、人体のなかでもっとも重労働を強いられている臓器です。そのため、たえず新しい細胞を生み出すことで機能を保つ必要があり、わずか1〜3日という短時間で新旧の細胞が入れ替わっています。これは、人体の細胞のなかで、もっとも早いサイクルです。

■直訳すれば「腸もれ症候群」

この腸の粘膜細胞の生まれ変わりにも、腸内細菌は関与しています。腸内細菌は腸壁をびっしりと覆う絨毛の間にいて、粘膜細胞の生まれ変わりを助けているのです。

そのため、腸内細菌の数が減ったり、腸内フローラの多様性が乏しくなったりすると、腸の細胞の新陳代謝がうまくいかなくなります。すると、細胞間の連結がゆるんですき間ができます。これが「腸に細かな穴があく」ということです。

欧米ではこの症状が以前より問題視されていました。「リーキー・ガット・シンドローム」と呼ばれ、「心身にさまざまな不調を引き起こすトラブル」「多くの重大な病気につながる可能性の高いトラブル」ということがわかってきたからです。

ちなみに、「リーキー(Leaky)」とは「もれている」、「ガット(Gut)」とは「腸」という意味。直訳すれば「腸もれ症候群」となります。

腸にあく細かな穴は、非常に小さな目に見えないほどの細胞間のすき間です。しかしその穴は、腸内細菌や未消化の栄養素、毒素、腐敗ガスなどを通してしまうほどの大きさがあります。

そうしたものが腸からもれ出すと、さまざまな病気がつくり出されます。腸からもれ出したものが全身をめぐり、悪さをするからです。それによって起こる代表的な病気が食物アレルギーであり、がんや脳梗塞、心筋梗塞、糖尿病などです。うつ病や認知症、自閉症の発症にも関与している可能性も明らかになってきました。

いずれも、現代人に急増している病気です。腸もれ症候群は、日本ではほとんど周知されていない症状ですが、だからといって日本人に少ないわけではありません。むしろ、現在の腸内細菌の貧弱化を見れば、気がつかないまま腸に穴をあけている人は少なくない、と考えられます。

腸の不調が起こす病気は、脳から心臓、心まで多岐にわたると以前から知られていましたが、その背景には、腸内細菌の数が減ったことで生じてくる腸もれがあったのです。

■人類の祖先は細菌だった

腸にあいた細かな穴は、腸内細菌の数を増やし、腸内フローラの多様性を豊かにする努力によって、塞ぐことができます。そのためには、腸内細菌が数や種類を減らす原因を知る必要があるでしょう。

私たち人類の祖先は、進化史をさかのぼっていけば、腔腸動物にたどりつきます。腔腸動物とは、ヒドラやクラゲなど、腸のみで生きている動物のことです。動物が初めて持った臓器は腸であり、腸をもとにして脳や肝臓、肺、心臓などあらゆる臓器が、長い時間をかけてつくられていきました。その腸だけで生きていた時代から、腸には細菌がすみ、宿主の生命活動を助けていました。

さらに進化史をさかのぼってみましょう。腔腸動物の祖先としてたどりつくのは、原核生物である古細菌です。約40億年前、地球上に初めて誕生した生命は、深海にすむ古細菌でした。つまり、人間という生物がつくり出されたおおもとには細菌があり、細菌の誕生があったからこそ、今の私たちがいるのです。

おわかりでしょうか。腸内細菌は、生物が人間に進化するはるか以前より、さまざまな動物の腸と共生してきた生命体です。人の生命維持に必要なことや、心身の健康増進に欠かせないことなど、私たち人間よりよほど多くを知っているでしょう。

そして、この原始的な生命体は、原始的な環境こそがもっとも居心地がよく、腸のなかで栄えてくれるのです。

■抗菌、殺菌グッズを自宅から排除する

私たちが暮らす文明社会は、原始社会と正反対の環境です。しかも日本人は、抗菌・殺菌グッズを身の回りにあふれさせ、清潔志向を過度にし、今では細菌が身の回りにいることさえ許そうとしない「無菌国家」を築いてしまいました。

腸内細菌のほとんどは、私たちの身の回りにすむ菌の仲間であり、仲間の菌が腸に入ってくることで数を増やし、働きを活性化させることは前述しました。その仲間の菌を殺しておいて、「腸内細菌にはしっかり働いてほしい」と言っても、どだい無理な話です。

腸内細菌が自分の腸のなかで繁栄してほしいと望むのならば、できる範囲でよいですから、今の暮らしのなかに原始的な環境を組み込むことです。そのための方法は、第5章にて述べることにしましょう。

その前に手始めとして必要なことがあります。それこそ、手を洗い過ぎないこと、抗菌、殺菌グッズの類を自宅から排除していくことなのです。

■毎朝の下痢は腸もれが原因かも

朝の通勤電車に揺られ始めると、「ギュルギュルッ」と腹痛を起こす人が増えています。いわゆる「各駅停車症候群」です。腹痛が起こったらなるべく早くトイレに行けるようにと、各駅停車の電車に乗るようになることから、その名で呼ばれるようになりました。専門的には「過敏性腸症候群」といいます。今、日本人の10〜15パーセントに認められるという、非常に頻度の高い病気です。なお、男性には下痢型が多く、女性には便秘型が多い傾向が見られます。

各駅停車症候群は、通勤ラッシュ時など、ストレスが過度にかかるときに起こることが多く、これまではストレスが原因と考えられてきました。脳がストレスを感じると、その信号が腸に伝わり、腸の働きを狂わせるためです。

ところが最近、各駅停車症候群の裏に腸もれがある可能性が指摘されています。

通常、食べたものは腸で最小の分子に消化されてから、体内に吸収されます。しかし、腸に細かな穴があいていると、消化が不十分なまま栄養素が腸を通過してしまいます。

食物アレルギーは、原因物質となる食べ物をとることで、下痢を含むさまざまな症状が出てくる病気です。アレルギー反応を起こすのは、食べ物に含まれるたんぱく質です。本来ならば、アミノ酸という最小分子に分解されてから吸収されるべきところを、たんぱく質が未消化のまま腸を通過することで、体内でアレルギー反応を起こしてしまうのです。

アレルギーには、原因物質と接触してすぐに症状が現れる「即時型」と、6〜24時間たってから現れる「遅延型」があります。

この遅延型というアレルギーがあることを、多くの人は知りません。症状は、下痢や便秘、めまい、倦怠感、吐き気、目の乾き、口内炎、肌荒れ、ニキビ、うつ症状、情緒不安定など多岐にわたり、人によって異なります。原因物質との接触後、しばらくしてから不快症状が現れるため、不調の原因がアレルギーにあるとは、本人も気づかないことがほとんどです。

つまり、ストレスが原因で下痢を起こしていたと思っていたところ、本当は朝食や前の晩に食べたものによるアレルギー反応だった可能性も高いということです。

食物アレルギーを起こす原因は、即時型も遅延型も、腸もれにあります。腸に細かな穴がなければ、腸で消化されない大きな分子のたんぱく質が、腸を通過することなど起こり得ないからです。

日常的に下痢や便秘に悩まされている人が多い日本。その原因には腸もれがあり、それは、腸内細菌を著しく減らしてしまう過度の清潔志向によって起きているものだったのです。

----------

藤田 紘一郎(ふじた・こういちろう)
医師・医学博士
1939年、旧満州生まれ。東京医科歯科大学卒。東京大学大学院医学系研究科修了。金沢医科大学教授、長崎大学医学部教授、東京医科歯科大学教授を歴任し、現在は同大学名誉教授。専門は、寄生虫学、熱帯医学、感染免疫学。日本寄生虫学会賞、講談社出版文化賞・科学出版賞、日本文化振興会社会文化功労賞および国際文化栄誉賞など受賞多数。

----------

(医師・医学博士 藤田 紘一郎 写真=iStock.com)