チョコ好きが大注目している新種のチョコ、“ルビーチョコレート” を使った「キットカット」が世界で初めて商品化されました。そのお披露目イベントに潜入、女優の堀田茜さんによる新チョコの “食レポ” も聞いてきました!

世界初! 新種の “ルビーチョコ”「キットカット」登場!

1月18日、都内のホテルで「キットカット」新商品発表会が開かれました。まず司会の方が “ルビーチョコレート” について解説。ビター、ミルク、ホワイトと3種類あるチョコレートの世界で、新しいタイプのチョコとして開発されたのが “ルビーチョコレート”。新種のルビーカカオ豆から生まれた世界初の素材です。

ベリーのようなフルーティーな酸味が特徴で、きれいなピンク色をしていますが、香料・着色料をいっさい使っていないそうです。

この “ルビーチョコレート” をネスレが世界ではじめて「キットカット」ブランドで商品化。

新商品「サブリム ルビー」は、「キットカットショコラトリー」の店舗と通販、期間限定のポップアップショップでのみ販売されるそうです。

堀田茜さんが世界初試食!

かわいいピンクのチョコレート、いったいどんなお味なのでしょう? 気になりますよね。

ということで、世界ではじめて「サブリム ルビー」を試食する特別ゲスト、女優の堀田茜さんが登場しました! 昔からキットカットが大好きだったという堀田さん、さっそく試食して “食レポ” にチャレンジしてくれました。

堀田さん う〜〜ん、おいしいです! すっごいナチュラルで、甘酸っぱくて、さわやかな酸味があって、今までなかった味。すごく新しい味ですね。さっぱりしていて食べやすいです!

イチゴチョコレートのようにも見えますが、でもイチゴの酸味とは違う新感覚の味がするそうで、「初恋の味みたいな感じ」とコメント。かなりおいしいみたいで、堀田さんの表情がとっても幸せそうでした。

手作り「キットカット」にチャレンジ!

続いて、堀田さんは手作り「キットカット」にチャレンジ。指導されるのは、「サブリム ルビー」の監修を手がけた「ル パティシエ タカギ」のオーナーシェフ、高木康政さんです。

まず湯煎したチョコレートを「テンパリング(温度調整)」。冷たい台の上でチョコを薄く広げて冷ましていきます。

お菓子作りは「学生のとき以来」という堀田さん。でも慣れた手つきでチョコを扱われています。

冷ましたチョコレートを再びボールに入れて混ぜてから再度少し温め、チョコレートをキットカットの型に流し込んでいきます。

ここでキットカットに使われているウエハースの登場。「すごい! この状態で見られるのってレアですよね!」と興奮気味の堀田さん。

ウエハースを入れて、その上にチョコレートを流し込んでから冷蔵庫で30分ほど冷やせば完成です。

キットカットを大皿に盛り付け、チョコレートで文字入れをして堀田さんオリジナルプレートができました!

堀田さんのバレンタインは??

イベントの最後に行われた囲み取材では、バレンタインが話題に。本命チョコをあげる相手はいるの? との記者の質問に、「本命は……いない。あげたいですけどね」と残念そう。続けて「好きな人のために時間をかけてお菓子作ってあげるのが夢」といい、「今年25歳になったので、そろそろ甘酸っぱい思いをしなければ……ちょっとヤバいかな」と女子のホンネを語ってくれました。

現在は、話題の連続ドラマ『トドメの接吻(キス)』に出演中の堀田さん。「今年のバレンタインには、家族やドラマでお世話になっている現場の人にチョコをあげたい」と話していました。

プレミアム感がたっぷりで、ブレイク必至の「サブリム ルビー」。今年のバレンタインに使ってみたいですね。

以上、「キットカット」新商品発表イベントレポートでした!

Information