画像提供:マイナビニュース

写真拡大

日本エイサーは1月23日、ゲーミングブランド「Predator」シリーズより、湾曲パネルを搭載する34型ゲーミングディスプレイ「X34Pbmiphzx」を発表した。1月25日より発売する。価格はオープンで、店頭予想価格は140,000円前後(税別)。

1900Rの湾曲型IPS液晶パネルを採用した34型ワイド液晶ディスプレイ。アスペクト比が21:9のシネスコサイズとなっており、解像度は3,440×1,440ドット。ベゼルを極限まで狭めたというゼロ・フレーム設計により、画面への没入感を高めている。sRGB 100%の色域も特徴のひとつ。

リフレッシュレートは最大120Hzで、NVIDIA G-SYNCテクノロジー対応によって動きの速い映像を滑らかに表示可能。ゲームのジャンルに合わせたGame Viewモード(3種類)を選択でき、アクションゲーム用のモード1、レーシングゲーム用のモード2、スポーツゲーム用のモード3を用意する。

そのほかにも、10段階で暗いシーンを見やすくする「Dark Boost機能」や、フリッカー・レステクノロジーとブルーライトシールドで構成される「AcerVisionCare テクノロジー」などの機能も搭載。

主な仕様は、解像度が3,440×1,440ドット、視野角が水平垂直とも178度、輝度が300cd/平方メートル、コントラスト比が1,000:1、応答速度が4ms(GTG)。7W+7Wのステレオスピーカーを内蔵し、USB 3.0対応ハブ×4ポートを備える。

映像入力インタフェースはHDMI×1、DisplayPort×1。スタンドのチルト角度は上35度/下5度、スイーベルは左右30度、130mmの高さ調節にも対応。本体サイズはW816.8×D299.1×H440.7〜570.7mm、重量は9.8kg(スタンドあり)。