会見する崔賢洙報道官=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部は23日、北朝鮮と合意した軍事当局者会談の開催について、北朝鮮側の反応を待っているとの立場を示した。

 同部の崔賢洙(チェ・ヒョンス)報道官は定例会見で「われわれが(北朝鮮側の)返答を待っている状況だ」と説明した。

 韓国は昨年7月に北朝鮮に対し行った軍事当局者会談開催の提案が依然有効だとの立場だ。南北は先の閣僚級会談で軍事当局者会談開催に合意したものの、まだ日程は決まっていない。

 一方、韓国軍合同参謀本部のノ・ジェチョン広報室長は会見で、北朝鮮が2月8日の「建軍節」(朝鮮人民軍創建日)を控え閲兵式(軍事パレード)を準備していることに関連し「(北朝鮮が)これまで2月8日に大規模な閲兵式を行ったことはなかったと承知している」と説明した。

 平昌冬季五輪に参加する北朝鮮が閲兵式を準備していることに対する韓国軍の立場を問われると「韓米合同軍事演習は延期されたが、完璧な警戒態勢の維持に向けた韓国軍単独の訓練は計画通り実施する」と述べた。