NTTドコモは、松竹ブロードキャスティングと協力し、eスポーツ大会「EVO Japan 2018」の予選会場で、「5G」を活用した実証実験を行う。

 「5G」は、次世代のモバイル通信技術で、高速・大容量かつ、無線区間1ミリ秒以下の低遅延といった特徴がある。今回の実証実験では、高品質なネットワークが求められる通信対戦型の格闘ゲームにおいて、5Gの有効性を検証する。

実証実験での対戦イメージ

 ドコモは、1月26日〜27日に東京・池袋で開催される「EVO Japan 2018」の予選会場にブースを出展。5G回線経由でインターネットに接続した格闘ゲーム「鉄拳7(TEKKEN7)」の対戦を体験できるようにする。ドコモのブースでは、eスポーツのトッププレイヤーによる実演や対戦レクチャーなども実施される。