サッカー東京五輪日本代表の保坂司氏が死去、80歳 GKとしてプレー

  • 保坂司さんが21日、病気のため80歳で亡くなった
  • ゴールキーパーとしてプレーし、1964年の東京五輪では日本代表に選出
  • ヴァンフォーレ甲府の前身である甲府サッカークラブでは監督を務めた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング