画像提供:マイナビニュース

写真拡大

仮想通貨投資家やそれをとりまく専門家へ向けた総合的サポートを行っているAerial Partnersと、ブロックチェーン技術に基づいたソフトウェアを開発するテックビューロは1月23日、業務提携契約を締結したことを発表した。

仮想通貨取引が一般に普及する一方、法が未整備な状況で、仮想通貨投資家やそれを支える仮想通貨取引所は、来たる確定申告期を乗り切るという大きな課題に直面している。今回の業務提携によって仮想通貨取引所と税務とのシームレスな連携を進めてより多くの顧客をサポートすることを目指し、確定申告期を業界全体で乗り切るための体制を強化していく。

具体的には、Aerial Partnersからテックビューロに対し、仮想通貨取引記録の出力や税務申告のためのレポートの形式面に関する助言を行い、もってテックビューロの顧客の税務申告サポートのための体制整備を行うという。