プレジデント(2018年2月12日号)の特集は「仕事に役立つ『日本史』入門」です。

写真拡大

明治維新から150年。「プレジデント」(2018.2.12号)の特集「仕事に役立つ『日本史』入門」では、明治の大富豪から名将の生き方、伝統会議まで、気になる日本史の知恵を集めました。幕末・明治に生まれた偉人たちから私たちは何を学び取るべきか。担当編集者がポイントを紹介します。

「後輩が自発的に動いてくれない……」

とある新年会。33歳、メーカー営業マンの彼は後輩のマネジメントで悩んでいました。

「時間をかけて言葉を尽くしても伝わっている気がしない。最近の若者は何を考えているかもよく分からない」

ついこの間まで若者として扱われていたアラサー社員が若者を理解できないのであれば、さらに年齢の離れた部課長以上にはなおさら難しいでしょう。どうすれば若者の心をつかむことができるのか、人を動かすことはできるのか――。

そんな想いを抱えながら、今回の特集で元伊藤忠商事社長の丹羽宇一郎さんと歴史作家の河合敦さんに「幕末・明治のリーダー学」について対談いただきました。

河合さんが「最も幕末で注目する人物は?」という質問を投げかけると丹羽さんはこう言いました。

「西郷隆盛です。背中で語る人物といいますか。その生き方を見て、若い人たちが心酔していたように思います」

今度は丹羽さんが「西郷の魅力はどこだと思いますか?」と問いかけると河合さんは少し考えて答えます。

「イギリスの外交官アーネスト・サトウが、『その瞳は黒いダイヤモンドのように輝いていた』と西郷を表現しています。彼自体が大きな一個の要石だったと思います。薩摩の武士は寡黙でしたが、西郷はとくにそうでした。徹底的に聞き役にまわったそうです。大きな身体で正座をしながら相手の話を熱心に聞き入る西郷。ときには話を聞いて涙を流したといいます。すると『あの西郷さんが、自分の話を聞いてくれた』というので、若者たちはみんな心酔してしまうのです」

キラキラ輝いた目で親身になって話を聞いて涙する。それほど西郷はピュアで実直な人柄だったのでしょう。

■「人に好かれる六原則」とは

この話を聞いて思い出したのが、累計1500万部のベストセラー、D・カーネギーの『人を動かす』でした。本書のパート2「人に好かれる六原則」にも「聞き手にまわる」という項目があり、以下の内容が書かれています。

----------

 人に嫌われたり、陰で笑われたり、軽蔑されたりしたかったら、次の条件を守るに限る――

一、相手の話を、決して長くは聞かない。
一、終始自分のことだけをしゃべる。
一、相手が話している間に、何か意見があれば、すぐに相手の話をさえぎる。
一、相手はこちらよりも頭の回転が鈍い。そんな人間の下らないおしゃべりをいつまでも聞いている必要はない。話の途中で遠慮なく口をはさむ。

 世間には、この条件を厳守している人が実在するのを読者は知っているはずだ。私も、不幸にして知っている。有名人のうちにも、そういう人がいるのだから驚く。

 そういう人間は、まったく退屈でやりきれない相手だ。自我に陶酔し、自分だけが偉いと思い込んでいる連中だ。

 自分のことばかり話す人間は、自分のことだけしか考えない。長年コロンビア大学の総長を務めたニコラス・バトラー博士は、それについてこう言っている――

 「自分のことだけしか考えない人間は、教養のない人間である。たとえ、どれだけ教育を受けても、教養が身につかない人間である」

 話し上手になりたければ、聞き上手になることだ。興味を持たせるためには、まず、こちらが興味を持たねばならない。

 相手が喜んで答えるような質問をすることだ。相手自身のことや、得意にしていることを話させるように仕向けるのだ。

----------

これらカーネギーの教えを西郷どんは体現しているわけです。相手の立場になって親身に話を聞く――。いつの時代も人を動かす原理原則は変わりません。冒頭の33歳営業マンにこの事実と今回の対談の内容を伝えようと思いました。

対談では西郷、龍馬以外にも、松陰をはじめ、幕末の志士の知られざる姿が明らかに。そのほか対談以外にも「学校では教えない『近代史のナゾ』」「『明治の大富豪』のすごい仕事術」「テレビでは放映できない『西郷どん』の真実」「読者500人調査『偉人の維新』人気ランキング」など仕事に役立つ「日本史」満載の内容に仕上がりました。ぜひ手に取ってみてください。

(プレジデント編集部 小倉 宏弥 写真=iStock.com)