大坂なおみ、女王ハレプに完敗「ポジティブになって次に活かすだけよ」[全豪オープン]

写真拡大

「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/本戦1月15〜28日/ハードコート)大会8日目となった1月22日、大坂なおみ(日本/日清食品)は4回戦で、世界1位のシモナ・ハレプ(ルーマニア)と対戦。大坂は3-6、2-6とストレートで敗れ、初のグランドスラム・ベスト8進出はならなかった。試合時間は1時間18分だった。

両者の過去の対戦成績は、大坂から見て0勝2敗。グランドスラムでの対戦は、2016年「全仏オープン」以来となる。

世界ランキング72位・20歳の大坂は、今大会ここまで全試合ストレート勝利で、自身初のグランドスラム4回戦に進出してきた。3回戦では地元オーストラリア出身のアシュリー・バーティ(オーストラリア)に勝利した後の「申し訳ない」というインタビューも話題に。センスのいいコメントと持ち前のキャラクターで、会場に大きな笑いと拍手喝采を巻き起こしていた。

対するハレプは、今大会屈指の激戦を勝ち上がってきている。特に3回戦では、3時間44分という「全豪オープン」女子最長試合記録の死闘を繰り広げた。左足首を痛めていたが、大きな心配はないようだ。

試合前のインタビューで大坂は「No.1とプレーできるなんて光栄。ベストを尽くす」と意気込みを語り、日本語でも「次の試合でもがんばります。ありがとう」と笑顔で話していた。

◇   ◇   ◇

試合は、大坂の勢いにハレプが終始立ちはだかり続けた展開。

大坂のサービスからスタートした第1セット、序盤から激しいラリーの応酬となった。大坂は思い切りのいいフォアハンドストロークを中心にコースを突き、対するハレプは高い打点からの鋭いショットで攻め続ける。女王ハレプと互角の打ち合いを見せる大坂は、やはり大舞台が好きなのか、落ち着いた表情でのびのびと試合をしているようだった。

お互いサービスゲームキープが続く締まりのある展開の中、さらに手に汗にぎったのは第6ゲーム。我慢の続くロングラリーから、ポイントを取ったり取られたりのシーソーゲームに。大坂は度々ブレークポイントを握るも、ハレプも必死に食い下がる。大坂は、以前はロングラリーを落とすと相手に少しガッカリした表情を見せてしまう事もあったが、今大会はひと味違う。結果的にこのゲームはハレプにキープされるも、大坂はメンタル的な成長を見せていた。

ところが、続く第7ゲームは逆に大坂のピンチ。攻める大坂だったが、ダウンザラインが立て続けにアウトとなり、この試合最初のブレークをハレプに許す。するとハレプは、よりショットを鋭く変えてくる。その後ペースを上げてくるハレプにブレークを返せず、大坂は最初のセットは奪われた。

続く第2セット、大坂は気持ちをしっかりと切り替えられたのか、このセットはいきなりのサービスブレーク。大坂は幸先のよい第2セットスタートを切ったように見えたが、そこは相手も世界女王のハレプ。直後の第2ゲームにギアを上げて、すぐさまブレークバックされる展開に。

すると、大坂は第4ゲームに踏ん張りどころを迎えた。相手の緩急のついたショットに対して、大坂は決めきれず、ハレプにブレーク先行を許しゲームカウント1-3に。大坂は今大会ここまで、世界トップレベルとも言われる強力なサービスで相手を崩し勝ち上がってきたが、ハレプは要所で巧みなサービスレシーブを繰り出し、大坂になかなか流れを渡さない。ゲームカウント2-5となった大坂のサービスゲーム。この試合最後も大坂は、サービスをブレークされてしまい試合終了。

大坂は試合を振り返って「今日はショットメイキングが上手くいかず、サーブもあまり良くなかった。ハレプの動きはもちろん、バックハンドも素晴らしかった」。「トップ選手に負けたのだから、それほど深刻に受け止めるべきじゃないわ。ポジティブになって次に活かすだけよ」と語った。

大坂は、ハレプと互角のストローク戦を見せていたが、結果的にはストレートでの完敗を喫した。ベスト8入りはならなかったものの今大会は初のグランドスラム16強入り。メンタルも含めて大きな成長を見せてくれた。プレーでもインタビューでも観客を沸かせた「より大人になった大坂なおみ」に、今後も大いに期待したい。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「全豪オープン」4回戦でハレプに敗れた大坂なおみ
(Photo by Quinn Rooney/Getty Images)