ほぼ日では、「スペック」と「情熱」の競争は避けたい|糸井重里

写真拡大 (全2枚)

前回の記事で、8時間半に及ぶ「異例」の株主総会に込めた想いを語った株式会社ほぼ日社長の糸井重里と、CFOの篠田真貴子。第2回となる今回では、世界一の時価総額を誇るGoogleとほぼ日の意外な共通点が語られた。

ほぼ日の独創的な活動の源泉ともいえる、糸井のポリシーとは──。

資本主義に最も逆行した会社が、世界一の時価総額企業になっている

岩佐:前回の記事で、8時間半にわたる総会を開いたのは、ほぼ日のことをもっと知ってもらうためだとおっしゃっていました。「異例」の取り組みといえば、総会内で開催された東京大学経済学部名誉教授である岩井克人さんの講演も、ほかでは絶対に見ることができませんよね。なぜ彼をお呼びしようと思ったのでしょうか。

糸井:昔から岩井さんのご著書、『貨幣論』や『会社はだれのものか』などを読んでいましたが、最近は世の中の動きがますます岩井さんの主張した方向に向かっていると思っていて。ぜひ、岩井さんの口からほぼ日について語っていただきたかったんです。

岩佐:岩井先生と言えば、一貫して経営者は株主のエージェントであるという株主主権論に対し、論理的に矛盾を指摘されておられます。

糸井:そうなんですよ。Mistletoeの孫泰蔵さんが岩井さんの論を何度も引用していて、そのことを確信しました。泰蔵さんは日本を代表するシリアル・アントレプレナーです。彼とは一度しかお会いしたことがないのですが、フェイスブックで岩井さんの「株主が会社の主権者だというのは論理的に矛盾している」という論を引用していて。

篠田:最前線で投資をしている孫さんが信頼しているのなら、株主の方々にも理解してもらえると思って岩井さんに打診したところ、快く引き受けてくださいました。当日は、株主の皆さんと一緒にほぼ日について考えるというスタンスで講演をしてくれました。

岩佐:講演では、ほぼ日については必ずしも株主を必要としていない会社だと言い、その株主であることの意義を問いかけて締めくくる、まさに衝撃的な講演でした。

糸井:岩井さんが話してくれたのは、資本主義におけるパラドックスです。例えばGoogleは、ある意味もっとも資本主義的ではない会社です。社是に利益ではなく情報の整理を掲げ、社員にものすごく手厚い環境を与えています。さらに議決権の構成では創業者が過半数を占め、市場に流通している株式は議決権が小さい。しかし、そんな資本主義らしくない会社が世界の時価総額トップになっているのが現代なんです。

このGoogleと同じパラドックスがほぼ日にもあるのだと、岩井さんはおっしゃっていました。もちろんほぼ日はGoogleよりはるかに小さい規模ですし、社是もはっきりしていません。しかし、「お金では買えない何か」を提供しようとしている点は共通しているんです。



「スペック」と「情熱」での競争を避けたい

岩佐:岩井先生はさらに、ほぼ日は必ずしも成長を求めていない点がユニークとも言っています。糸井さんたちは意識的に「お金では買えない何か」を重視しているのでしょうか。

糸井:僕たちは「スペック」と「情熱」という2つの競争を避けたいと考えているんです。前回も少しお話ししましたが、いままでの会社は価格や業績といったスペックばかりを重視していました。言語化できて、対比可能で、どれくらい安全なのかを確率で算出して。それでなおかつ大成功する方法を考えている。そうやってみんなでスペックを比べ合うから、嘘をつくところが出てしまうんですよね。そんなことばかりしていたら、会社がイキイキしているかどうかなんて誰も気にしません。

岩佐:それはスペックではありませんからね。

糸井:さらにこういう環境では、多くの若い人は労働時間や追い込みといった「情熱」で実力をカバーしようとします。でもこれが成功するとは限らないし、無理をしすぎて身体を壊してしまうかもしれませんよね。僕は、そういうやり方は嫌い。だからほぼ日は、楽しそうに仕事をしているとか、伝えるべきことを丁寧に記事にするとか、そういうところで勝負しているんです。

資本主義に逆行することで、むしろ企業として成長できると語る糸井。第3回では、彼の資本主義観がより明確に語られる。(続く)

糸井重里◎株式会社ほぼ日代表取締役社長。コピーライター、エッセイスト、作詞家として幅広く活躍する。1998年に開設したほぼ日刊イトイ新聞は、1日140万PVのアクセスを集める。

篠田真貴子◎株式会社ほぼ日最高財務責任者CFO。日本長期信用銀行(現・新生銀行)、マッキンゼー・アンド・カンパニーを経て、2008年より現職(当時社名・東京糸井重里事務所)。