フォトジェニックに仕上げよう!自由にデコれるケーキ登場

写真拡大 (全3枚)

日本有数の観光地箱根。特に富士山が見える絶景のポイントは人気を集めている。その箱根エリアを中心としたホテル、美術館、和・洋の飲食店などが参加し箱根を盛り上げるスイーツの祭典「箱根スイーツコレクション 2018春」が、今年も2月1日(木)〜4月8日(日)の期間開催される。

今年で21回目を迎えるスイーツコレクションのテーマは「フォトジェニックスイーツ」。見て、撮って、食べて楽しめるスイーツが満載のまさにスイーツの祭典だ。


全長400mの日本一長い人道吊橋「三島スカイウォーク」が用意するのは、「完熟レモンのセルフデコ チーズケーキ」600円(税込)。近郊の西浦レモンをはじめ、1月に完熟を迎える国産レモンをふんだんに使用し、爽やかな味わいに仕上げたチーズケーキに、生クリーム、フルーツを乗せたベースケーキを提供する。

その上に15種類以上のトッピングアイテムを自由自在にデコレーションして、オリジナルスイーツを作って楽しむことができるのが特長だ。フルーツはイチゴ、ブルーベリー、オレンジの3つの中から1つ選ぶことができ、ゼリーやひまわりの種入りチョコ、マシュマロ、リーフ型ウエハース、そして彩りを演出してくれるカラフルな砂糖菓子などが自在にトッピング可能で、まさにオリジナルの「フォトジェニックなスイーツ」を仕上げることができる。


「完熟レモンのセルフデコ チーズケーキ」は、スカイガーデン内「パオリーノ」にて1日30皿限定で提供。この春は、吊橋の絶景に加えて、ポップでカラフルなオリジナルスイーツを作って旅の撮影ショットに加えてみてはいかが?