画像提供:マイナビニュース

写真拡大

三井物産と、医療画像管理クラウドサービスを提供するテクマトリックス(TMX)は、TMXが新規設立するNOBORIの第三者割当増資を三井物産が引き受けることで合意したと発表した。TMXはNOBORIに医療システム事業を承継し、三井物産は同社への約22億円の出資を通じて同社株式の33.34%を取得する。

TMX社が承継する医療画像管理クラウドサービス事業である「NOBORI」は、医療サービス提供者におけるAIなどの新技術利用による課題解決や、個人の健康・医療情報の管理・利用によるそれぞれの健康状態に適した良質なサービス提供といった社会的ニーズに応えるものといい、カバーする領域は放射線分野に加えて病理・内視鏡・超音波といった多分野に広がっているという。

新会社は引続きNOBORI事業の拡大を図ると同時に、蓄積した画像データを基にデータプラットフォームを構築、医療の高度化を支援する読影診断支援AIサービスや、医療施設と連携した個人向けサービスを開発・展開していく。

三井物産はデータを資本と捉え、ICTを利用した新しい事業をヘルスケア分野などの多様な領域で推進しており、国内及び海外でのヘルスケア・ICT事業を通じて蓄積した知見とグローバルネットワークを利用して、新会社の事業展開を支援していくとしている。

さらに、NOBORIを通じて、医療サービスの最終需要者である個人が医療情報によって利益を享受できる新たな事業モデルの構築を目指していくとのことだ。

なお今回の出資は、三井物産が社内オープンイノベーションを目的として2014年8月より導入した新事業創出プログラムである「Karugamo Works」での活動を通じて創出した案件で、同プログラムでは業務時間の20%を従来の担当業務以外に使い、イノベーション推進案件制度を利用した新事業創出に取り組んでいるという。