民団の林三鎬副団長=(外交部共同取材団=聯合ニュース)

写真拡大

【東京聯合ニュース】在日本大韓民国民団(民団)中央本部の林三鎬(イム・サムホ)副団長は韓日記者団交流プログラムで訪日中の韓国外交部担当記者らとの懇談会で「政治はその時その時、うまくいったりいかなかったり変わるが、民間交流は(常に)重要だ」とし、「さまざまな政治問題と関係なく韓日両国民の交流システムを作ることが大切だ」と話した。

 また「韓日関係が良くなければ在日同胞が被害をたくさん受ける」とし、「最近の韓日関係の悪化により、在日同胞社会に対する日本政府のけん制、圧迫が激しい」との苦悩を伝えた。

 旧日本軍の慰安婦問題を巡る韓日の合意については「(日本の国内的に)日本政府が慰安婦問題は妥協できない状態になっていると考える」との見解を示した。また「合意したとおりに実施するほうが良いと思われる」とし、「(これが)全般的な同胞社会の雰囲気と言える」と説明した。

 林氏はまた1988年のソウル五輪の際に在日同胞が100億円を韓国に送ったことに触れ、「平昌冬季五輪の支援をすることを目標に1億円の募金活動を行ったが、結果的に2億円集まった。団長が五輪に出席して寄贈する予定」と紹介した。