トランプ大統領が洗濯機などへのセーフガード発動を承認した(イメージ)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ワシントン聯合ニュース】米政府は22日(現地時間)、米国が輸入する家庭用洗濯機と太陽光パネルに対しセーフガード(緊急輸入制限)を発動すると発表した。通商代表部(USTR)のライトハイザー代表は、トランプ大統領がセーフガード発動を最終決定したと伝えた。韓国のサムスン電子、LG電子の洗濯機と、韓国メーカーの太陽光パネルが対象に含まれる。

 サムスン電子やLG電子などから輸入する家庭用洗濯機に対しては、1年目は年間120万台以下の輸入分に20%、120万台を超えると50%の関税をそれぞれ課すことにした。2年目は120万台以下に18%、120万台超に45%、3年目は同16%、40%とする。

 また、韓国などから輸入する太陽光パネルに対し、2.5ギガワットを基準に1年目に30%、2年目に25%、3年目に20%、4年目には15%の関税を課す。