そろそろ大学の一般入試がスタートするシーズン。これまでの勉強の成果を存分に発揮できるよう、頑張ってほしいですね。受験生に限らず「試験前」は、何かと緊張が続きます。そこで、個別指導学院フリーステップが有名大学に通う現役大学生100人に実施したアンケート調査から、合格者がとる行動に共通点があるのかどうかを検証! その結果をご紹介します。堅実女子のみなさんも、資格試験の前などに取り入れてみては?

入試当日は本番開始から逆算して何時間前に起きましたか?

朝はバタバタしたくないと思いつつ、何かと準備が立て込むもの。

1位:3時間前(50%)
2位:4時間前(42%)
3位:2時間前(2%)

「起きてから3時間以上しないと頭がフル回転しないと聞いていたから」などの理由から、普段よりも早く起きていることがわかりました。きちんと朝食をとるため、交通手段に遅れが出た場合も焦らないようにするためなど、試験当日の早起きは必須ともいえそうです。

当日忘れて困ったもの

・腕時計
・ハンカチ
・チョコ
・マスク
・防寒具
・痛み止め、腹痛止め
・ティッシュ
・受験票
・上履き

うんうん、どれもバッグに入れておきたいものばかり……って、「受験票」という人が! それだけは絶対に忘れられないアイテム。何よりも先に当日の荷物に入れなくてはいけませんね。突然の体調不良にも困ることのないよう、常備薬もあると安心です。

では、反対に持って行って良かったものを聞いてみましょう。

当日持って行って良かったと思ったのもの

・チョコレート
・単語帳(直前に見たものが試験に出たから)
・愛用している参考書(平常心を保てる、お守りになる、安心できる)
・時計を複数
・ティッシュとマスク(花粉症対策)
・メッセージカード(勇気が湧いてくる)
・温かいお茶(暖がとれるし、緊張がほぐれる)
・二つ目の消しゴム
・マークシートの記入がしやすい鉛筆
・鉛筆削り
・防寒グッズ(カイロ、靴下、ひざかけ、タオル)

忘れて困ったものにも登場し、持って行ってよかったものとしても回答数が多かったのが「チョコレート」。試験前や休憩中に食べることで、気持ちもリフレッシュしますし、糖分も摂取できるので頭もフル回転しそうです。

最後に、直前にやってみてよかったことも聞きました。ギリギリでもモチベーションを保つため、できることは多いみたい!

当日の朝、慌てないためにも、前日までに持ち物チェックを!

直前にやってみて良かったこと

・今まで通りの勉強
・友達とご飯を食べに行ったり、体を動かしたり、息抜きをしたこと
・当日に聞く音楽をきめておく
・前日はあえて勉強はせず下見や神社にいくなどした
・おかしを大量に買い込んで、「いつも通り」お菓子を食べてメンタルを保ちました
・前日はアイマスクでしっかり眠る
・お墓参り
・感謝の気持ちを伝えるために行ってきますの挨拶
・髪の毛を切って新しい気持ちで挑戦する気分になった
・カツを食べてテンションを上げる
・合格の瞬間のビジョンを描く
・あらゆる験担ぎをやった
・鉛筆を新調してリフレッシュ

試験直前は、今までの努力を信じていつものペースを乱さないことが大切のよう。簡単な気分転換でリフレッシュしたり、睡眠時間をきちんと確保して体調管理も万全に。

試験当日の持ち物も何日か余裕をもって準備しておくと安心ですね。いつも通りの自分で試験にのぞめるよう、いくつかのシチュエーションを想定して荷物をまとめておくとよさそうです。

これから大学受験をするみなさん、資格試験のある堅実女子のみなさん、応援しています!!

【参考】※ 個別指導塾、個別指導学院フリーステップ
対象:フリーステップ講師
京都大学、大阪大学、神戸大学、関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学 在学生
有効回答数:100 (134サンプル)
実施期間:2017年11月中
調査手法:留置調査
調査機関:株式会社成学社 個別指導部 企画広報チーム