京都大学のiPS論文に不正 山中伸弥所長は「不正防げず無力感」

ざっくり言うと

  • 京都大のiPS細胞研究所で、iPS細胞に関わる論文に捏造と改ざんが見つかった
  • 「不正を防げなかったことに対して無力感を感じている」と山中伸弥所長
  • 不正が二度と起こらないよう、さらに大学としての取り組みを進めると語った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング