アレクシス・サンチェスと、MFヘンリク・ムヒタリアンのトレードがついに実現した

写真拡大

 アーセナルのチリ代表FWアレクシス・サンチェス(29)と、マンチェスター・ユナイテッドのアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアン(29)のトレードがついに実現した。22日、両クラブがそれぞれの獲得を発表した。

 サンチェスはバルセロナから2014年7月にアーセナルに加入。公式戦166試合で80ゴールを記録し、中心選手として活躍していた。だが、今季終了までとなっていた現行契約の延長を固辞し、プレミアリーグのライバル、ユナイテッドを新天地に選んだ。

 契約期間は4年半。背番号はデイビッド・ベッカム氏やFWクリスティアーノ・ロナウドらがつけた伝統の『7』に決まった。また、英『BBC』によると、週給は40万ポンド(約6200万円)になるようだ。

 クラブを通じてサンチェスは「世界一ビッグなクラブに入団できることに興奮している。アーセナルでは3年半すばらしい時を過ごした。偉大なクラブやファンとともに積み上げたポジティブな思い出は僕とともにある。この歴史的なスタジアムで、ジョゼ・モウリーニョとともにプレーするという機会を、僕は退けることはできなかった。ユナイテッドでプレーする最初のチリ人選手となることを光栄に思う。そして世界中のファンに、なぜこのクラブが僕を欲してくれたかを証明できることを願っている」と意気込んでいている。

 また、サンチェス移籍の契約内容の一環としてアーセナルに旅立ったムヒタリアンは、2013年6月にシャフタールからドルトムントに移籍。公式戦140試合に出場し、2015-16シーズンでは52試合で23ゴール32アシストとハイパフォーマンスを披露して、2016年7月にユナイテッドに加入した。しかし、ユナイテッドでは実力を発揮できず、モウリーニョ監督の信頼を得ることができていない状況だった。

 ムヒタリアンと“長期契約”を結んだとされているが、英『スカイ・スポーツ』によると、3年半契約とのこと。アーセナルの公式サイトを通じ、「今回アーセナルとの契約を結ぶことができてとても嬉しいよ。アーセナルでプレーすることは僕の長年の夢だったんだ。僕はここでクラブの歴史に名を刻めるように努力したい」と加入を喜んでいる。


●プレミアリーグ2017-18特集