【YOLO的恋愛講座】わがまま?それとも素直? 甘え方の境界線がわからない

写真拡大 (全2枚)

「私はこっちが好き〜」というのは、いったいわがままなの?それとも素直なの?どっちなの?という悩みはつきませんよね。

「彼に会いたい」と伝えるのも、「甘え上手だね〜!そんなこと言われたらすぐに会いに行っちゃうよ」という男性もいれば、「こっちは仕事とかいろいろあるし、それって重たい」という男性も。結局答えが見つからないまま、もんもんとする日々を過ごしている女性も多いはず。どっちが正解なのでしょうか?

答えは、結局はわからない

彼も、その時の状況によって、言うことが変わるってよくありますよね(笑)。忙しいとイライラいしてるし、余裕があれば優しさを見せてくれる。

だから、あなたの愛情表現が今の彼にとってどうなのか?は、結局その時の彼が決めること。確かに空気を読んだり、相手を思いやることはできても、絶対的な正解はわからないものなのです。

それってわからないもの。結局相手が決めることだよね、と知るだけでも、気持ちが楽になるかもしれません。

わからないからどうしたらいいの?

仕事もできて、気遣いもできる女性であるほど、いろいろ考えすぎて遠慮したり、「たぶんこうだろうな」と相手への配慮から我慢してしまったりするもの。でも、それって本当にあなたは幸せですか?

彼の幸せを想って、我慢することが幸せな女性もいると思います。もしあなたがそうでないのだとしたら、「それでも私はこう思う」を表現するべき。そうでない限り、彼もあなたのことがわからないのだから。

ただ、その時に素直に伝えているのと、わがままの違いは、「相手に求めるかどうか?」かもしれません。

伝えるけど求めない

愛情を表現するのに、こうしたらいいかな?ああしたら彼はどう思うかな?とこじらせないで、素直に伝えるのは、あなたの自由。LINEしたい時は我慢せずにLINEしたらいいし、寂しい時は寂しいと素直に伝えるのが、あなたがあなた自身に一番素直でいれる状態のはず。

ただ、相手にとっても、どう受け取るか、リアクションするかは相手の自由。相手に自分の言う通りにしてほしい!とコントロールする気持ちがあるのは、わがままかもしれません。

あなた自身も、彼自身も、まずはお互いがどう感じているか?を素直に表現していくのがまず一歩目。その間にある溝の深さや距離感がつかめたら、あとはどう歩み寄るか?の次のステップになるのかも。

素直に見せていかないと、距離感を見誤ったり、お互いの勘違いからすれ違いになってしまうこともあるからこそ、相手に求めず、でも素直に表現していけたらいいですよね。

 

ライター:伊藤香奈
鎌倉在住。海・ヨガ・SUPを愛するフリーランサー。ヨガインストラクター育成セミナー講師/OL/SUP&ヨガインストラクター/ライターのパラレルキャリアを実践中。