中国・北京の街並み。「新時代の中国の特色ある社会主義」の正体とは?(資料写真)


 王滬寧(おう・こねい)。この名を聞いて誰なのか分かる人は少ないと思う。日本ではそれほど有名ではない。彼は中国共産党政治局常務委員、いわゆる「チャイナセブン」(中国共産党の7人の最高指導部のこと)の1人である。

 日本のマスコミはあまり報じないが、王滬寧が政治局のメンバーに入ったことは重要な意味を持つと思う。それは、彼がいわゆる政治家ではないからだ。前歴は大学教授。中国では大学の先生が政治家に転じることはそれほど珍しいことではないが、それにしても政治局常務員にまで登りつめることは珍しい。

王滬寧(出所:Wikipedia)


 この20年ほど彼は党中央で働いていた。その仕事は指導原理を立案すること。共産党を代表するブレーンである。江沢民の打ち出した「三つの代表」や「科学的発展観」などの理論は彼が考え出したと言われる。また、習近平になってからは「中国の夢」や「中華民族の偉大なる復興」も彼が作った。

 そんな彼が政治局常務委員に抜擢された。中国の政治局常務委員は利権集団の代表であることが多いから、学者出身でなおかつ党のイデオロギーを担当したということは異色と言ってよい。彼を引上げたのは習近平と思われる。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

ネット規制の最高責任者

 その王は常務委員に就任した直後、2017年12月に浙江省で開かれた第4回世界インターネット大会において、国家がネットを規制しネットビジネスの制度設計にも積極的に関与してゆくことを大々的に宣言した。

 王を中国のネット規制の最高責任者と見てよいだろう。ネットが世論形成や経済活動において重要な役割を果たすようになった今日、その管理は政治局常務委員が直接担当する分野になった。

 つい先日まで「新時代の中国の特色ある社会主義」がなにを意味するのかよく分からなかったが、王が常務委員に就任してその直後にインターネットの大会に出席したことから、「新時代の中国の特色ある社会主義」がなにを意味するのか、ようやくよく分かった。

 ソ連が崩壊した直後、1990年代初頭、フランシス・フクヤマ氏が書いた「歴史の終わり」が世界中でもてはやされた。そこでは「民主主義」と「市場経済」の組み合わせが、人類がたどりついた最善かつ最後のシステムとされた。

 それから30年ほどが経過したが、その間、コンピュータとネット技術が驚異的なスピードで発展し続けた。スマホは旧来メデイアである新聞、雑誌、テレビを駆逐し、ネット通販は既存の小売店を脅かしている。ビッグデータを用いて個人を特定する技術も驚異的なスピードで進歩し続けている。

 そんな時代に王が考え出したのが「新時代の中国の特色ある社会主義」である。それは、国家がネットを使って政治と経済を強力にコントロールするシステムとしてよいだろう。

 ソ連を代表とする20世紀に出現した社会主義国では、官僚が政治や経済をコントロールした。官僚による独裁政治である。しかしながら、ソ連が崩壊したことからも分かるように、官僚は政治や経済を効率的にコントロールすることができなかった。その結果、社会主義と官僚による独裁は効率の悪いシステムとして歴史の彼方に追いやられてしまった。

 しかし、それから30年が経過し、ネットとビックデータの処理技術が驚異的に発達すると、中国は、再度、社会主義に挑戦することにしたようだ。それを「新時代の中国の特色ある社会主義」と呼んでいる。

 この体制下では、国民の情報はネットを通じて全て国家によって収集される。住所や職業はもちろんのこと、通信内容、どこで何を買ったか、どこに旅行したか、ネットでどのページを見ていたかなど、ありとあらゆる事柄が国家に筒抜けになる。そこから各人の能力や志向、交友関係、政治への関心度などが明らかになる。

 国家はその情報を用いて、経済や政治をコントロールする。それが「新時代の中国の特色ある社会主義」である。日本では習近平独裁を従来からの権力闘争として報道しているが、その本質はネットを用いて全国民を完全に管理することにある。

政治において重要な意味を持つネット管理

 もし、中国がこれからも順調に発展していくとしたら、「神の見えざる手」を前提とした旧来の経済学の教科書は全面的に書きかえなければならなくなる。ネットが発達した社会では、「神の見えざる手」よりも国家がビッグデータによって管理した方が、社会をより適正にコントロールできる、ということになるからだ。

「新時代の中国の特色ある社会主義」は極めて挑戦的なテーゼである。これまでSF小説でしか語ることができなかった管理社会を、この地上に実現しようとしている。

 王滬寧という学者出身のイデオローガーがチャイナセブンに入ったことは、現代政治では利権調節よりもネット管理の方が、政治において重要な意味を持つことを示したと言ってよい。

 習近平体制の今後は21世紀を占う上でも重要である。恐ろしいことだが、もし「新時代の中国の特色ある社会主義」が成功して、2050年頃に中国が米国を超えるようなことがあれば、多くの国が中国を真似ることになろう。

 そこでは個人情報は丸裸にされる。そして、その情報を分析した国家が、国民に知らせることなく秘密の内に全てをコントロールする。

 習近平体制は中国の今後だけでなく、コンピュータやネットが驚異的なスピードで発展する現在、我々の未来を考える上でも重要である。これから中国で起こることを細心の注意を払って見ていく必要があろう。

筆者:川島 博之