(矢原徹一:九州大学大学院理学研究院教授)

 今年、結成10周年を迎える「ももいろクローバーZ」(ももクロ)。路上ライブからスタートして、紅白歌合戦に出場するという夢を実現し、さらに女性グループではじめての国立競技場ライブを成功させ、トップアイドルの地位を不動のものにした。その5人のメンバーの一人、有安杏果は、ももクロからの卒業を1月15日に発表し、1月21日に卒業コンサートを行ない、足早にももクロを去っていった。10周年を目前にして彼女はなぜこの決断をしたのだろうか。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

ファンには理解しがたい突然の卒業

 卒業発表からわずか6日後に幕張メッセで開催された卒業コンサートには3万人のファンが集まり、コンサートの様子はネットテレビ「AbemaTV」で全国に生中継された。有安はメンバー一人ひとりにお礼の言葉を述べた。佐々木彩夏からは「いつもアイドルでいる姿勢」を、玉井詩織からは「いつも全体を見て冷静でいるやさしさ」を、リーダーの百田夏菜子からは「すべてを引き受けて安心させてくれる責任感」を、そして高城れにからは「自分がどんなに苦しくても笑顔で人を励ます暖かさ」を学んだという。このやりとりを見ても、5人の関係はすばらしく良好であり、メンバーの間の人間関係が卒業の原因とは考えられない。

 有安の卒業に対する所属事務所側の対応は見事だった。新聞社やTV局にメンバー5人が出向いて挨拶をし、お世話になってきた方々に5人が直接説明してお礼を述べた。この迅速で徹底した情報公開によって、さまざまな憶測が広がる機会を与えなかった。その結果、本人がこれからの人生を考えぬいた上での決断であること、他の4人を含め周囲から祝福されながら卒業することがさまざまなメディアで報道され、急な卒業を惜しみつつ、彼女のこれからの人生を励ます声があいついだ。そして卒業コンサートという感動的なステージが用意され、多くのファンに見送られながら彼女はステージを降りた。この経緯から分かるように、所属事務所と本人の関係もきわめて良好であり、事務所の対応に不満があって卒業したわけではない。

 では、有安杏果はなぜももクロを卒業したのだろうか? 信頼できる仲間がいる。事務所にも感謝している。たくさんの思い出がある。そして何よりも、多くのファンの暖かい励ましがある。これだけ恵まれた環境を捨てるという決断は、なかなかできるものではない。本人は、「疲れた」「やりきった」と述べており、この言葉にうそはないだろう。しかし彼女は歌やダンスが大好きであり、自ら作詞したソロ曲「心の旋律」では、「ぶれない願い それはただひとつ 歌いたい 歌いたい 握ったマイクもう離さない」と歌っている。この曲を含むファーストソロアルバムを2017年10月にリリースし、ソロコンサートを成功させ、ソロ歌手としての将来にも期待が集まっていた。その矢先に、なぜももクロから身を引くという決断をしたのか。ファンにはまったく理解できないだろう。

 この謎について、人間の決断の認知的背景に関心を持つ科学者の立場から、推論してみたい。私の推論が正しければ、有安杏果は、何らかの形でファンの前にきっと帰ってくるだろう

ももクロという人間成長のドラマ

 推論に入る前に、私がなぜももクロに興味を持ち、その動向をウォッチし続けているかを簡単に書いておこう。

 2013年3月、私が「持続可能な社会を拓く決断科学プログラム」の申請準備のために、人材養成のあり方について考えているときに、たまたま出張先で見たNHK番組で、ももクロのクリスマスライブが放映されていた。

 それまで私は女性アイドルにはまったく関心がなかったが、ももクロにはひと目で興味を持った。まず、何よりも「女の子」であることをまったく売りにしていない点に好感を抱いた。振り付けはアクロバティックで、運動量が多く、汗だくになりながら踊っている。とにかく元気だ。「元気ですねぇ。この元気さは、良いと思います」と当時のブログに書いている。

 また、歌詞が徹底して前向きだ。たとえば、今やももクロの代表曲の1つとなった「走れ!」の歌詞は、「笑顔が止まらない! 踊るココロ止まらない! 動きだすよ 君のもとへ 走れ! 走れ! 走れ!」。一方、私の若いころの歌といえば、「青春時代の真ん中は 胸にトゲ刺す ことばかり」のように、感傷的な歌が多かった。この違いは何なのだ、と疑問を抱き、ネットでももクロについて調べてみて、ますます興味を深めた。

 ももクロの魅力は,「友情+努力+勝利」という成長物語の黄金のテンプレートを現在進行形のドラマとして実演し、その物語をファンと共有している点にある。このアイドル養成モデルの原型はAKB48である。AKB48は、ダンスや歌が決して上手とはいえない女の子たちが、目の前の壁を乗り越えながらアイドルとして成長していくプロセスをプロデュースする戦略で成功した。ももクロもやはり数々の困難に立ち向かい、さらには友情を育みながら成長し、最後に勝利するという王道の成長物語を実際にやってみせることで、ファンを増やしてきた。

 小学生・中学生のメンバーからスタートしたももクロが最初に取り組んだのは、自分たちが作詞した「あの空へむかって」という歌を歌う路上ライブだ。自分たちの目標を歌詞にした歌だから、心をこめて歌ったはずだ。たとえ数人しか聞いていなくても、一生懸命歌う。ももクロの原点がここにある。成長の過程で不和が生じては困るので、素直な性格で、協調性があり、目標に向かって一生懸命頑張る子がメンバーに選ばれたはずだ。メンバーが固定されてからは、家電量販店でのミニライブをまわる夏休み全国ツアーを決行した。この過酷なライブツアーを通じて、しっかりした信頼関係で結ばれ、少々の困難にもたじろがずに、目標に向かってがんばるチームができた。そこで満を持してのステージデビュー。2010年12月に日本青年館で開催された初のホールコンサートでは、1200席のチケットを発売開始30分で完売したというエピソードが語り継がれている。このころから、紅白出場を目標にするようになり、その夢は2年後の2012年に実現した。さらに2014年には、国立競技場での2日間のライブを成功させ、「願えば夢は必ず実現できる」という成功ストーリーを完成させた。

 このような成長の過程で、5人のメンバーは、ファンの間で「奇跡の5人」と呼ばれる、すばらしい個性を身に着けた。女性アイドルのキラーアイテムである水着を封印し、人間的な個性を伸ばすことで5人を育てた運営チームの人材育成術は見事である。5人の個性に応じて、「モノノフ」と呼ばれるファンの「推し」も見事に5分しており、5人の個性がいかに異なるかを象徴している。また、ファンの間に独特の文化や倫理観が育まれ、共有されるに至った。自己中心的にならずにみんなが楽しめるように応援する、アウェイのコンサートではももクロ以外の出演者も全力で応援するなど、「ももクロのファンとして恥ずかしくないように」ふるまうことが、モノノフのモラルになっている。ももクロ側も、このようなモノノフ一人ひとりに支えられて自分たちがあるという気持ちをしっかりと持っている。

 このようなすばらしい仲間とファン、そして個性と技術を育ててくれた運営チームを捨てて、有安杏果はももクロを卒業した。リーダーの百田夏菜子は、卒業コンサートで「かなわぬ夢があることを知った」と寂しそうに語った。これもまた、1つのドラマだ。成長物語を実演し、次々に夢を実現してきたももクロの5人が人生の分かれ道に直面した。事実は小説よりもドラマチックだ。

 これから先、彼女たちの物語はどのように展開していくのだろう。それを予想するのは難しいが、有安杏果がももクロを卒業した理由を探れば、彼女たちの未来が少しは見えてくるかもしれない。

有安杏果がももクロを卒業した理由

 有安杏果は卒業するにあたり、「音楽活動と一度距離を置いて、普通の生活を送ってみたい。表現するのが嫌になったわけではない。表現にはいろいろなやり方がある。これから何をするかは決めていないが、普通の生活を送りながら教養や知識を身につけたい」という趣旨の発言をしている。

 彼女はももクロの5人のメンバーの中ではただひとり大学に進学し、日本大学藝術学部写真学科を卒業した。卒業制作博覧会では奨励賞を受賞している。彼女はまた、最近では自ら作詞・作曲をしている。このような経験を通じて、自ら何かを創り出すことへの欲求が高まったのだろう。この欲求は、創作意欲にとりつかれたことがない人には、なかなか理解しがたいものだ。

 人間には、開放性と呼ばれる性質がある。好奇心や創造性の背景にある性質であり、外の世界への関心の強さや、自由な創造への意欲の強さに関係している。ビッグファイブと呼ばれる性格因子の1つであり、代表的な判定項目には「絵画などの制作、著述、または作曲をする」「哲学的、精神的な問題を考える」が挙げられる。有安杏果は、自ら作詞・作曲をし、写真による表現に取り組んでいるので、間違いなく開放性が高い性格である。開放性が高い人は、何よりも自由を好む。一方で、スケジュールやルールに束縛されるのが苦手である。

 有安杏果は0歳の赤ん坊で芸能界にデビューし、その後、子役としても活躍し、22年間芸能生活を続けてきた。小さいころから表現することが好きだったという。ももクロのメンバーになってからは、もともと好きだったダンスと歌の才能が開花した。さらに、最近ではギターやドラムのスキルも磨き、その多才さに期待が集まっていた。しかし、開放性の高い人にとっては、周囲の評価はどうでも良い。また、自分の才能に満足することはあまりない。常により高い水準に、あるいは何か新しいことに興味を抱くので、なかなか自己満足ができないのだ。

 有安杏果は日本大学藝術学部で学ぶ中で、開放性が高い学生たちに出会い、自由に創造することへの憧れを次第に強く抱くようになったのではないだろうか。ももクロの活動を続けながら4年間で日本大学藝術学部を卒業したほどの努力家なので、自分をきちんとコントロールできる人なのだが、創造活動に必要なのは自制心よりもむしろ自由である。彼女の気持ちの中で、自由な時間がほしいという思いが次第に強くなり、その思いを抑えることに「疲れ」て、ついにももクロを卒業するという決断に至ったのだろう。

 一度普通の(自由な)暮らしをしてみて、自分にどんな表現の道があるのかをじっくり考えたい、というのが彼女の本心だろう。この気持ちは、クリエーター特有の心の乾きだ。彼女が思い描く「普通の生活」は、決して平凡な暮らしではないはずだ。私の推論が正しければ、彼女はいずれ自分なりの表現手段を見つけて、クリエーターとして頭角をあらわし、ももクロファンの前に戻ってくるだろう

 ももクロの物語は、4人のステージによる新章に突入する。4人の個性がこれからどんな物語を生み出すのか、楽しみである。有安杏果は、ももクロを卒業したとはいえ、この物語にこれからもきっと関わってくるだろう。彼女たちの成長物語を、これからも楽しみに見守りたい。

(文中敬称略)

筆者:矢原 徹一