村田諒太のチャンピオンベルト

写真拡大

 「ボクシング・WBA世界ミドル級タイトルマッチ」(4月15日、横浜アリーナ)

 ボクシングのWBA世界ミドル級王者・村田諒太(32)=帝拳=が4月15日に横浜アリーナで同級10位エマヌエーレ・ブランダムラ(38)=イタリア=と初防衛戦を行うと22日、所属ジムが都内で発表。昨年末に届いたという村田のチャンピオンベルトが、この日初めて公の場で公開された。

 従来はメインのバックルの両脇にある小さいバックルは金色で無地のものだったが、それが村田の肖像と名前が入ったレリーフに変わっていた。

 デザインが変更されたベルトを手に、村田は「やっぱりうれしい。日本(王座ベルト)は持ち回りですが、世界は自分のところに戻ってくる。自分の名前と顔が入っているベルトですし、一晩たりとも渡したくはない」と防衛意欲をかき立てられていた。