結婚しない男女が増えている理由は何なんだろう…

写真拡大

男性の4人に1人が結婚したことがない
結婚しない男女が30年間で大幅に増加

 今回は投資から少し離れて、ライフプランを考える上で極めて重要なイベントである「結婚」について、経済学の視点から考えてみたい。

 世の中では、結婚しない男女が増えている。50歳の時点で一度も結婚したことがない人がどれだけいるかという数字を「生涯未婚率」というが、2017年4月3日に国立社会保障・人口問題研究所が発表した数字によれば、この生涯未婚率は男性が23.37%、女性が14.06%となっている。つまり男性の場合、約4人に1人が一度も結婚したことがないということだ。

 また、少し前だが、2011年に内閣府が発表した「国民生活白書」によると「生涯結婚するつもりはない」と考える人が18歳から34歳までの男性全体で9.4%、女性では6.8%となっている。1987年の同調査ではこの数字は男性4.5%、女性は4.6%だったから、この30年の間にいずれも大幅に増加、結婚しない男女が増えている傾向が明らかに出ている。

 また、厚生労働省「人口動態統計」から初婚の年齢を見ても、2013年時点で夫が30.9歳、妻が29.3歳となっている。1980年の時点では男性が27.8歳、妻が25.2歳だったので、こちらも晩婚化が進んでいることが分かる。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)